この記事をシェア!

市長官邸で食事ができる!台湾のリノベーションされたスポット4選

この記事をシェア!

市長官邸で食事ができる!台湾のリノベーションされたスポット4選

台湾では古い建物を修繕し、レストランやカフェ、観光施設として新たな命を吹き込む“リノベーション”が流行中。

台北の松山文創園區なんかもそうですね。

今回は台北以外のリノベーションされた施設を紹介します。

歴史ある老屋が生まれ変わった姿をご覧ください。

スポンサーリンク

1.桃園の大溪老茶廠 (Daxi Tea Factory)

日本統治時代の1926年に建設され、「角板山工場」と呼ばれていた茶葉製造工場が、現在は製茶の歴史や技術について学べる博物館に。

カフェもあるので飲むほうも楽しめます。

桃園の大溪老茶廠 (Daxi Tea Factory)

写真/咖啡大叔

大溪老茶廠:桃園市大溪區復興路二段732巷80號
アクセス:台湾鉄道桃園駅から台湾好行バス小烏來ラインに乗り、大溪老茶廠バス停下車(土日祝日のみ運行)
営業時間:10:00-17:00(平日)、10:00-17:30(土日祝日)
休館日:無

2.苗栗の老家芸文空間

築年数約50年の2階建ての建物を、7名の若者がリノベーションし、オシャレなカフェに変身。

苗栗の老家芸文空間

写真/東森新聞

苗栗の老家芸文空間

写真/東森新聞

苗栗の老家芸文空間

写真/東森新聞

老家藝文空間:苗栗県苗栗市建台街1巷13號

3.彰化の溪州成功旅社

築年数90年の建物。「旅社」の名前のとおり、昔は旅館でした。

2階には旅館の雰囲気を残したまま、1階で書籍と彰化県溪州郷でとれたお米などの農産物を販売しています。

彰化の溪州成功旅社

写真/東森新聞

住所:彰化県溪州郷復興路50號

4.台南の市長官邸

1974年に台南市長の居住用に建てられたもの。

敷地面積800坪と広いのですが、老朽化しているため、近年では歴代市長が誰も住まず、2014年、ついに高級レストランに改装されました。

カルボナーラ300元などちょっとお高いですが、市長官邸だったところで食事ができるなんて、特別感満載ですね。

台南の市長官邸

写真/帕莎蒂娜臺南市長官邸

台南の市長官邸

写真/帕莎蒂娜臺南市長官邸

台南の市長官邸

写真/帕莎蒂娜臺南市長官邸

帕莎蒂娜臺南市長官邸:台南市中西區南門路239號

古い建物でも上手くリノベーションすれば、こんなに素敵な観光施設として蘇りますね。

参照元:老房子有新用途!4間老屋改造的特色景點

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています