大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!

この記事をシェア!

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!

「滑り台を滑るのが楽しかった」という子どもの頃の思い出を持つ人も多いでしょう。

特色のある滑り台なら、もっと楽しくなりますよ。

今回は台湾のおもしろい滑り台を紹介します。

お子様連れの台湾旅行の際に行ってみると、子供が喜んでくれるかも。

スポンサーリンク

1.新北市の濂洞小学校

陰陽海にほど近い、新北市瑞芳区の濂洞小学校にある、全長9.6m、高さ地上2階の滑り台。

この滑り台が設置されたのは1995年。同小の柯俊生校長によると、滑り台の下部は排水溝になっており、当時の校長がこの排水溝を塞ぐ際に、防震や防災を考慮し、児童が迅速に避難できるよう滑り台を作ったのだという。滑り台の角度は45度以下に設計。安全性にも配慮がされている。

設置場所の天井には青い海で泳ぐイルカのイラストが描かれ、おとぎ話のような世界を演出。毎日昼休みになると、食事を済ませた子供たちは滑り台で遊び、それが学校生活の一部になっていると柯校長は話す。

同小は見物客に配慮し、今後トイレの清掃を強化していくとした上で、見物客には校内の環境維持への協力を呼びかけている。

出典:フォーカス台湾

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!新北市の濂洞小学校

写真/東森新聞

この小学校から眺める海がとてもきれいです。

日本からの観光客もたくさん訪れているそうです。

住所:新北市瑞芳區濂洞里洞頂路101巷80號
開放時間:平日6:00-7:00、16:30-19:00、休日・夏冬休み8:00-17:00

2.台中の紅點文旅

台湾で滑り台といえばこのホテル。

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!台中の紅點文旅

写真/東森新聞

住所:台中市中區民族路206號
開放時間:12:00-13:00、15:00-18:00

3.彰化の百果山

3つの滑り台があり、合計すると70mもの長さになるとか。

台湾で最も長い滑り台とも言われています。

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!彰化の百果山

写真/東森新聞

住所:彰化県員林鎮出水里出水巷12號
定休日:なし

4.台南の佳福寺

こちらはローラー滑り台。

傾斜は緩めですが、2本の滑り台があるので往復できるんです。

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!台南の佳福寺

お尻が痛くなるので段ボール敷かないとね/kidsplay

住所:台南市佳里區營頂里102號
定休日:なし

5.高雄の国立科学工芸博物館

地上からの高さが最も高い滑り台は、高度18m・長さ46m。

身長が125㎝以上で体重150キロ以下の方のみ滑る事ができます。

ですので大人も楽しめます。

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!高雄の国立科学工芸博物館

写真/東森新聞

国立科学工芸博物館:高雄市三民區九如一路720號
営業時間:9:00-17:00
滑り台を滑るには料金が必要です

6.宜蘭の蘭城晶英酒店(Silks Place Yilan)

シルクスプレイスイーランというホテルにある「芬朵奇堡」には、子供たちが遊べるプレイスペースがあります。

大人もOK!滑り台で遊んじゃおう!台湾の特色ある滑り台6選!宜蘭の蘭城晶英酒店(Silks Place Yilan)

写真/東森新聞

写真/東森新聞

カートでも遊べる/芬朵奇堡

蘭城晶英酒店:宜蘭縣宜蘭市民權路二段36號
開放時間:9:00-11:00、15:00-20:30

子連れ台湾リピーターの方は、ぜひ行ってみてください。

参照元:重溫小時候記憶 全台6處一定要去玩的溜滑梯

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!