この記事をシェア!

台湾南部と北部で呼び方の違う食べ物まとめ

この記事をシェア!

台湾南部と北部で呼び方の違う食べ物まとめ

同じ食べ物でも、地方によって呼び方が違う、というのは台湾内でも同じ。

台湾の有名ユーチューバ―の蔡阿嘎が、台湾北部と台湾南部で呼び方の違う食べ物を紹介していました。

どんなものがあるのか見てみましょう。

スポンサーリンク

1.南部の春捲VS北部の潤餅

1.南部:春捲V.S北部:潤餅

写真/多多開伙

2.南部の米血VS北部の豬血糕

南部人「なんで米血にピーナッツ粉とパクチーかけるの?」

2.南部:米血V.S北部:豬血糕

写真/多多開伙

3.南部の黒輪VS北部の甜不辣

大根、厚揚げ、豬血糕などにからしをかけたものを何と言う?

3.南部:黒輪V.S北部:甜不辣

写真/亮晶晶兒

甜不辣とは天ぷらの音訳なのですが、台湾では甜不辣は練り物を指しているようです。

というか天ぷらじゃなくておでんな気が・・・。

4.南部の米苔目VS北部の米粉湯

南部人「米粉湯ってもっと細くて長いやつだよ」

5.南部の米糕VS北部の油飯

南部人「え、それ筒仔米糕でしょ?米糕と筒仔米糕は全然違う!」

5.南部:米糕V.S北部:油飯

写真/布咕布咕

6.南部の肉燥飯VS北部の魯肉飯&南部の滷肉飯VS北部の控肉飯

南部人「肉そぼろがご飯の上に乗ってるのは肉燥飯、肉片がご飯の上に乗ってるのは滷肉飯」

6.南部:肉燥飯V.S北部:魯肉飯&南部:滷肉飯V.S北部:控肉飯

北部の控肉飯/野良犬

7.南部の雞絲飯VS北部の雞肉飯

7.南部:雞絲飯V.S北部:雞肉飯

嘉義で鶏肉飯というとこんな感じ/小豬魚愛吃肉

8.南部の粉蛤湯VS北部の蛤仔湯

南部人「台湾語では粉蛤湯と言うんだぞ」

8.南部:粉蛤湯V.S北部:蛤仔湯

蛤仔湯とはアサリのスープ/多多開伙

まとめ

ただし、台湾人の反応は「完全に同意」から「いや、米糕と油飯、米苔目と米粉ってもともと全然違うものだし」まで様々です。

頭の片隅に置いておくと、南部に行ったときに「あれ?想像と違う?」と戸惑わずに済みますね。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています