この記事をシェア!

福山雅治も訪れた迪化街の林五湖故居で台湾を感じよう

この記事をシェア!

福山雅治も訪れた迪化街の林五湖故居で台湾を感じよう

2015年の台湾観光局公式台湾観光CMのCMキャラクターは木村拓哉ですが、2014年は福山雅治でした。

福山雅治ももちろん台湾で台湾観光CMを撮影しました。

その撮影に使用された、台北の迪化街にある林五湖故居がとても素晴らしい場所なので、今更ながら紹介します。

スポンサーリンク

林五湖故居

林五湖故居 外

写真/莊琇閔

林五湖故居 中

写真/莊琇閔

1851年に建てられた林五湖故居は、迪化街では珍しい日式建築と閩南式建築の融合。

くぎを一本も使っていないとか。

林五湖故居の成り立ち

基隆に住んでいた商人の林藍田という人が、海賊から逃げるため、財産を持って家族とここへ逃げてきました。

当時はまだこのあたりには商店がひとつもなく、林藍田が三軒の町屋を建てたのが迪化街の始まりで、ここ林五湖故居がその三軒のうちのひとつです。

林五湖故居 茶器類

写真/莊琇閔

林五湖故居 壷類

写真/莊琇閔

林五湖故居 家具類

写真/莊琇閔

林五湖故居 二階

写真/食尚玩家雙週刊

おじいさんのセリフに注目

福山出演台湾観光CMに出ている白髪のおじいさんは、ここ林五湖故居をテナントとして借り「臻味茶苑」というお茶屋さんをやっている、台湾茶の第一人者呂禮臻氏。

監督から「遠在天邊,近在眼前。(遠くにあるようにみえて、それは近くにある)」というセリフを「もっとゆっくり言ってくれ」と要求され、「このセリフだけを20回くらい言ったよ!日本人は中国語のリズムを理解できないんだ!」と、撮影の苦労話を語っています。

金城武、福山雅治、木村拓哉の「三大男神」が撮った台湾観光CM、みなさんはどれが好きですか。

林五湖故居:台北市迪化街一段156號
電話:(02)29447716
開放時間:10:00~21:00、平日は自由に参観可能
ガイド:每月第2・第4土曜日10:00~12:00と毎月第1・第3土曜日14:00~16:00はガイドさんによる案内もあり

台北市迪化街一段156號    
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!