この記事をシェア!

台湾の地方出身台北在住者が語る台北を嫌いな10の理由を発表!共感できる人、たくさんいるはず

この記事をシェア!

台湾の地方出身台北在住者が語る台北を嫌いな10の理由を発表!共感できる人、たくさんいるはず

台湾の中部・南部・東部などから、親元を離れ台北で生活している人はいっぱいいます。

しかし、憧れの台北に住んでみると、嫌いなところも出てくるんです。

台湾の蘋果日報が台北の街頭で地方から台北に来ている人に行なった「台北の嫌いなところ」アンケートの結果を見てみましょう。

スポンサーリンク

台北を嫌いな理由10

1. どこでも渋滞

都会ならどこでもそうですが、ラッシュ時の渋滞は避けられません。

台北はとても狭い上に人が多いため、通勤時間帯には渋滞するんです。

百貨店や映画館、夜市周辺も常に車が多いですね。

2. 駐車スペースを探すのが難しい

基隆からきた人は、「台北は基隆より何倍も駐車スペースを探すのが難しい」と。

3. 一方通行が多い

台北には一方通行の道路が多く、道を間違えたときには大変。

たくさんの地方出身者が不便に思っていることのひとつ。

4. ほとんどの道路でスクーターは二段階右左折しなければならない

一方通行の他に、二段階右左折をしなければならないのが面倒なようです。

地方出身で台北でスクーターに乗っている人は「最初は慣れなかった!」と言っています。

5.エスカレーターでは右側に並ぶ

台北では地下鉄や百貨店、スーパーなどでもエスカレーターに乗る時には右側に並びます。

台北は急いでいる人が多いですから、片側は空けておくのです。

6. 生活リズムが速い

台北の人はみんな急いでいる。

エスカレーターでは急いでいる人のために左側を空けている。

台北の人は歩くのが速い。

高雄出身で台北で仕事している人は「スクーターに乗っていると、後ろの車に急かされている感じがする。ゆっくり走っているとクラクションを鳴らされる。初めて台北でスクーターに乗った時はとても驚いた。」と言います。

7. 赤信号が長い

台北は交通ルールが多いことに加え、赤信号が長いんです。

だいたいは60秒、大きな道路だと90秒あります。

赤信号に捕まったがために、出勤時間にタイムカードを押すことができず、皆勤手当てをもらう事ができなかった人も。

8. どんなときも行列に並ぶ

台北では映画チケットを買うのにも行列、駐車スペース空き待ちにも行列、イベントにも行列、セールや美食にも当然行列。

何店舗も先のお店まで列が続いていることもしばしば。

南部から来た人は、「台北では美容院も歯医者も1か月前には予約しておかなければならない。南部でも予約しないといけないけど、そんなに早くからはしない。」と。

9. 物価と不動産価格が高すぎる

現在、台湾全土で物価は上昇していますが、台北ではもともと物価が高かったのがさらに上昇しています。

不動産価格も上昇しており、「若者が一生働いてお金を貯めても、台北で買えるのはトイレのみ」と言われているほど。

家を借りるのも簡単ではなく、物価は上昇しているのに賃金はそれほど上昇していないため、給料の半分近くを大家さんに持って行かれ、台北での生活は苦しくなるばかり。

10. 丹丹漢堡がない

高雄や台南など南部で展開しているハンバーガー店「丹丹漢堡」。

台北にはお店がないんです。

まとめ

9番目には本当に同意。

日本で都会の持ち家に住み、家にお金を入れずに生活していた人、台湾で語学留学の費用を自分の親や台湾人彼氏に全て出してもらっていた人、駐在奥様やお金持ち台湾人男性と結婚したセレブ奥様にはわからない苦労でしょうね。

台湾通を自称する人で、「私は台北に嫌いなところなんて無いわ」と言う人は、台北や台湾をちゃんと見ていない人ですね。

自分が日本で住んでいる街でも、恋人でも配偶者でも家族でも、好きなところもあるけれど嫌いなところもあるでしょう。

「好きなところしかない」というのは表面上のことしか見ていない証拠です。

参照元:超中肯!討厭台北的10大理由

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています