この記事をシェアする

台湾で国際学生証(ISIC)割引が使えるところまとめ!語学留学生でもOK!

この記事をシェアする

台湾で国際学生証(ISIC)割引が使えるところまとめ!語学学校の生徒でもOK!

台北の師範大学附属語学教学中心に通っている人なら、学生証がISICのマークが入った国際学生証になっていると思います。

実は、有効期限内の国際学生証(ISIC)を提示すると、さまざまな場面で優待が受けられるんですよ。

国際学生証(ISIC)は日本で発行したものでもOK。

大学生や専門学校生など高等教育機関の正規学生であれば発行できます。

今回は2018年11月現在の、台湾で国際学生証割引が使えるところをまとめました。


台湾で国際学生証(ISIC)割引が使えるところ

※2018年11月現在の情報

場所 優待内容
野柳地質公園 学生チケット購入可
台北市立美術館 学生チケット購入可(特別展除く)
美麗華の観覧車 平日120元・土日祝日150元
台北101展望台 学生チケット購入可
台北市立動物園 学生チケット購入可
国立歴史博物館 学生チケット購入可(特別展除く)
国立故宮博物院 学生チケット購入可
九族文化村(南投) 入場料680元
蘭陽博物館(宜蘭) 学生チケット購入可(特別展除く)
茂林風景區(高雄) 入場料無料
国立科学工芸博物館(高雄) 入場料70元(特別展除く)
国立台湾史前文化博物館(台東) 入場料50元、毎週水曜は入場無料
中華航空などの航空会社 学生価格での購入が可能

その他、青年活動センターなどの宿泊所・民宿・ホテル・お土産物屋さんなど、さまざまなところで国際学生証(ISIC)割引が使えます。

優待内容には、期限があるものとないものがあります。

各施設を利用する前に、必ず自分で優待内容を確認してから利用してください。

学生じゃなくても優待を受けるチャンスあり!

学生ではないけれど30歳以下の方であれば、国際青年証(IYTC)を発行することもできます。

また、教師の方は国際教員証(ITIC)を発行することもできます。

国際青年証(IYTC)も国際教員証(ITIC)も、優待を受ける事ができますが、国際学生証の優待範囲とは異なっています。

各施設を利用する前に、必ず自分で優待内容を確認してから利用してください。

まとめ

台湾に限らず、台湾以外の海外や日本でも国際学生証の優待がありますよ。

学生の時にしか発行できない国際学生証、いま学生の方は申請しておくとオトクかも。

公式サイト

台湾の国際学生証(ISIC)割引について→康文文教基金會

日本の国際学生証(ISIC)割引について→ISIC JAPAN

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!