台湾5大都市に行ったら飲むべきタピオカミルクティーを紹介します!

台湾5大都市に行ったら飲むべきタピオカミルクティーを紹介します!

台湾といえばタピオカミルクティー

タピオカ+ミルクティーなんてどの店でも味一緒でしょ~と思ったら大間違い。

本当に各店味が違うので、いろいろなお店のタピオカミルクティーを飲んでみたくなるんです。

 

台北でもタピオカミルクティーの価格相場は一般的に30元~40元(約111円~約148円)と安いので、気軽に飲み比べができるんですよ(カロリーは高いけど)。

また、氷あり/なし、砂糖少なめ、など自分好みに調整できる、元祖カスタマイズ飲料。

今回は台湾5大都市それぞれの都市を代表するタピオカミルクティーを紹介します。

 

1.基隆の廖媽媽珍珠奶茶專賣舖

台湾鉄道基隆駅のすぐ近く、テナントの2階にあるお店。

常に地元の学生でいっぱいです。

  • 基隆の廖媽媽珍珠奶茶專賣舖

    写真/寰兒-寰兒的執著日記

  • M25元、L35元/寰兒-寰兒的執著日記

    M25元、L35元/寰兒-寰兒的執著日記

廖媽媽珍珠奶茶專賣舖:基隆市仁愛區孝三路84號2F
営業時間:9:30-22:00

 

2.台北の陳三鼎黑糖粉圓鮮奶專賣店

公館夜市にある有名店。名前の通り黒糖を使ったタピオカは甘くてモチモチ。

日本人にはちょっと甘すぎるかな、という感じはあるものの、管理人は個人的に台北で一番おいしいタピオカミルクティーのお店はここだと思っています。

  • 台北の陳三鼎黑糖粉圓鮮奶專賣店

    写真/Meet food

  • 1杯35元/陳三鼎黑糖粉圓鮮奶專賣店

    1杯35元/Meet food

陳三鼎黑糖粉圓鮮奶專賣店:台北市中正區羅斯福路三段316巷8弄口

 

3.台中の郭姐茶坊

もともと台南で20年以上営業していたのですが、2015年5月に台中へお引越し。

引っ越し当時はたくさんの人が並んで買うのに5時間かかったとか。

黒糖を使ったタピオカで、ミルクティーにはアメリカの牛乳を使い、水を一切使っていないので濃厚な味を楽しめるとして人気。

  • 台中の郭姐茶坊

    写真/邱ㄚ迦

  • 黑糖鮮奶波霸40元/邱ㄚ迦

    黑糖鮮奶波霸40元/邱ㄚ迦

タピオカミルクティーは主に「珍珠奶茶」といいますが、「波霸」とついているものはタピオカの粒が大きいもののこと。

ちなみに波霸は「巨乳」を表す言葉としても使われます。

郭姐茶坊台中市北屯區昌平路二段金谷巷67號(臺灣大道三段での営業は終了)
営業時間:11:00-20:00、月・木定休

 

4.台南の葵米手作珍珠飲品專售Queenny

色素を加えていないので、タピオカが白いのが特徴。

タピオカはその日出す分をその日に手作りというこだわりよう。

  • 台南の葵米手作珍珠飲品專售Queenny

    写真/Queenny

  • 白玉抹茶70元/葵米手作珍珠飲品專售Queenny

    白玉抹茶70元/Queenny

葵米手作珍珠飲品專售Queenny:台南市中西區慶中街196號
営業時間:10:00-22:00

 

5.高雄の樺達奶茶

1982年に創業し、高雄人とともに成長してきた樺達奶茶。

氷を入れず、甘さもすべて固定のため、カスタマイズすることはできません。

  • 高雄の樺達奶茶

    写真/小城故事不多

  • 1杯40元/樺達奶茶

    1杯40元/小城故事不多

樺達奶茶:高雄市鹽埕區新樂街99號
営業時間:09:00-22:00

 

お気に入りのタピオカミルクティーのお店があってこそ台湾通といえます。

みなさんもぜひお気に入りを見つけてくださいね。

 

参照元:奶香濃、珍珠Q!全台5間必喝「珍珠奶茶」

【関連記事】
Sponsored Links
【サイトの更新情報をフォロー】
Instagram
Sponsored Links
【あわせて読みたい】