この記事をシェア!

我愛黒渋会の現在!Hanna昆凌は周杰倫と結婚、筱婕は第二のAngelababyに!

この記事をシェア!

我愛黒渋会の現在!Hanna昆凌は周杰倫と結婚、筱婕は第二のAngelababyに!

長年の台湾ファンなら知っているはず、台湾の有名テレビ番組『我愛黑澀會』。

(日本語表記:我愛黒渋会)

ティーンの女の子たちを集めていろいろな企画をやるバラエティ番組で、台湾の若者に大人気でした。

この番組に出ていたティーンの女の子たちは「美眉(měi méi)」と呼ばれていました。

ここから、「若くてかわいい女の子」の意味で「美眉」が使われるようになり、ネットでは省略して「MM」と書いたりします。

番組に出ていた女の子たちは、読者モデルならぬ“視聴者タレント”のような子たちでした。

(台湾では素人さんを番組に呼んでトークしてもらう事も一般的なんですよね)

この番組への出演をきっかけに、人気メンバーは「黒Girl」として正式に芸能界デビューしました。

『我愛黑澀會』が2005年に始まってから10年。

番組自体は2009年に終了し、姉妹番組『模范棒棒堂』と統合した『我愛黑澀棒棒堂』として、2011年まで放送されていました。

美眉たちも、今では立派な大人の女性に。

今でも芸能活動している人もいれば、芸能界を辞めた人も。

美眉たちがいまどうしているかまとめました。

スポンサーリンク

我愛黒渋会のメンバーの現在

1.筱婕(張甯兒)

筱婕(張甯兒)

写真/中時電子報

美眉から「黒Girl」というグループで正式に芸能界デビューした筱婕。

当時はグループ最年少で、大きな眼と笑顔が可愛らしかったですね。

筱婕(張甯兒)

写真/中時電子報

歯並びを矯正したためか、口周りのぷっくり感がなくなり、大人の女性らしさが出てきました。

ネットではAngelababyに似ているとも言われています。

現在はテレビに出ることは少なく、雑誌モデルをやっているそうです。

筱婕(張甯兒)

写真/中時電子報

2.玉兔(鄭梓月)

玉兔(鄭梓月)

写真/中時電子報

ダンスや曲芸バーテンダーパフォーマンスなど、一芸に秀でた玉兔。

とても人気がありました。

その一芸のおかげで、よく淘汰賽の参加を免除されていましたね。

玉兔(鄭梓月)

写真/中時電子報

番組終了後はあまり芸能界で活動していなかったようですが、近年は積極的に活動しているようです。

また、他の美眉たちともよく会っているようです。

3.彤彤(貝童彤)

彤彤(貝童彤)

写真/中時電子報

黒Girl初期メンバーのひとり。

彼女もダンスが得意でした。

黑澀會を離れた後は、MOMO親子台というテレビチャンネルで子供番組の司会をし、彤彤姐姐と呼ばれ子供たちのアイドルに。

4.Meimei(郭婕祈)

Meimei(郭婕祈)

写真/中時電子報

1/4日本人の血が入っているというクォーター。

ぽっちゃりだったため、司会者からはドラえもんと呼ばれていました。

Meimei(郭婕祈)

写真/中時電子報

ボトックスでエラ取りを行なったそうで、今は顔が細長に。

2010年に黒Girlを脱退、2012年に所属事務所を移籍したものの、現在は事務所に所属しておらず、芸能界から姿を消しています。

2017年1月追記:2015年3月から事務所に所属し、芸能活動を再開していたようです。2016年は結構テレビに出ていましたね。

5.鬼鬼(吳映潔) グイグイ(ウー・インジエ)

鬼鬼(吳映潔)

写真/中時電子報

『我愛黑澀會』に参加し始めたときはわずか16歳。

番組企画にまじめに参加し、また明るい性格のため誰からも好かれていました。

鬼鬼(吳映潔)

写真/中時電子報

現在は女優として活動。

2013年に韓国で男女のタレントが結婚生活を体験するという番組で2PMのメンバーと共演、そこでの嫁としての姿が韓国のお母様方に大好評だったそうです。

2017年1月追記:2016年3月に韓国の芸能事務所と契約し、現在は韓国でも芸能活動をしています。

6.Hanna(昆淩)

昆淩

写真/中時電子報

昆淩

写真/中時電子報

周杰倫(ジェイ・チョウ)の奥様、昆淩も実は美眉のひとり。

当時はHannaという名前で番組に出演していました。

まとめ

顔がものすごく変わっている人もいますね。

成長と化粧でかなり変わりますからね。

彼女たちが実際に整形しているかどうかはおいといて、中国語には「女大十八變」という言葉があります。

「女は成長過程において、容姿や性格の変化が激しい」という意味なのですが、「女は18歳になれば変わる」と解釈している人もいるようです。

つまりは、「女は変わる」ということですね。

だいたい、中高生の頃の女の子なんて顔がパンパンなものですよ。

それが若さの証拠だと思うんですけどねぇ。

参照元:還記得她們嗎?黑澀會美眉10年後72變

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!