この記事をシェアする

中国語検定は台北でも受験可能!2級以上は繁体字OK

この記事をシェアする


中国語検定は台北でも受験可能!2級以上は繁体字OK

一般財団法人日本中国語検定協会が主催する中国語検定試験

日本における中国語の検定試験では、HSKと並ぶ二大検定です。

実はこの中国語検定、日本47都道府県全てに受験会場がある他、台北市内で申込・受験ができるんですよ。

今回は中国語検定について紹介します。

日本で中国語を活かした仕事をしたいと思っている方、持っておいて損はない資格です。

ぜひ受験してみてください。


中国語検定の試験概要

※2019年11月時点の情報。ご自分で必ず最新情報をお確かめ下さい。

試験日

毎年3月・6月・11月の第4日曜日

受験資格

制限なし

受験料

※スマホの方は横スクロール

郵送申込

インターネット申込

準4級 3,200円

3,000円

4級 4,200円

4,000円

3級 5,200円

5,000円

2級 7,200円

7,000円

準1級 8,700円

8,500円

1級(11月のみ) 9,700円

9,500円

※台北で受験する場合、受験料は日本円でお支払いください。

台北で受験する場合の申込方法

インターネット申込をするか、下記の学校が受付窓口をしているので、直接申し込みをしに行っても構いません。

私立亜東語文学校(台北市士林区中山北路7段41-1號2F)

受験会場

台北で受験する場合:

台北日本人学校(台北市士林區中山北路6段785號)

日本で受験する場合:

各47都道府県に最低1つは受験会場があります

繁体字の使用も可能

2級以上は、筆記試験の記述問題で繁体字の使用が可能です。

何級から受ければいいの?

最初に悩むのが、「何級を受ければいいのか」という事ですね。

管理人は、「留学経験者は2級から、それ以外の方は3級から」が良いと思います。

留学したら、2級に合格!

管理人は、語学留学を終えて日本に帰国後すぐ、中国語検定2級と準1級を受験しました。

語学学校で使ったテキストは、實用視聽華語1~4と迷你廣播劇を終わりのほうまで。

また、試験というものは、試験対策をやらなければいけません。

帰国してから試験日までに、中国語検定試験対策本を2級・準1級の各級1冊ずつやりました。

あと、私は台湾のテレビ番組やドラマをいっぱい見ていたので、教科書に出てきていない文法や単語も結構知っている状態でした。

その状態で、中検2級は合格、準1級は合格までリスニング・筆記ともにあと8点でした。

似たような状況の人は、2級は受かるレベルだと思いますよ。準1級は努力次第!

2級を持っていれば、「中国語できます」と言ってもいいレベルだと思います。

留学経験者以外は、3級から

留学経験者が2級からですから、それ以外の方は3級から受けましょう。

4級では簡単すぎて、受けるだけ受験料の無駄ですね。

その受験料で、台湾へ行き、生の中国語に触れる方がマシです。

私は留学前に中国語を独学していた時、3級に合格しました。

また、3級は大学の第二外国語終了レベルですから、それほど難しくはないと思います。

むしろ、留学経験者で3級を受けて合格してドヤ顔している方が恥ずかしいですね。

向上心のある人は受験してみましょう

台湾人と結婚して台湾に住み始めた日本人の中には、「中国語に繁体字と簡体字がある」ということすら知らない人もいましたね。

まぁ、こういう人は台湾で生活できて、姑とコミュニケーションが取れればそれでいいんでしょう。

「台湾で中国語を勉強したから、TOPを受けたい」と思っている人もいるかもしれません。

受けたいなら、受けたらいいと思います。

ただ、TOPは日本ではとてもマイナーなので、あなたの中国語レベルを他の中国語話者が計り知る事は難しいです。

資格というものは、客観的な「できる」という証明です。

他の人がその資格の価値を理解していてこそ、その資格に価値があるのです。

ですから、台湾で中国語を学んだ人でも、日本で中国語を活かそうと思っているなら、簡体字を勉強して、中国語検定を受けてみてはいかがでしょうか。

「台湾で中国語を学んだので、簡体字はわかりません」は通用しません。

日本でダメな奴でも、向上心があるかどうかは、こういう所に現れるんですよ。

簡体字の字の省略の仕方には規則性があるのですから、日本人ならすぐに覚えられますよ。

まとめ

もちろん、検定を持っているからといって話せるとは限りません。

でも、本当に話せる人は試験にも受かりますよ。

公式サイト 一般財団法人日本中国語検定協会

スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!