この記事をシェア!

台東の鹿鳴温泉ホテルでは一年中熱気球に乗る事ができるよ(TIBF6)

この記事をシェア!

台東の鹿鳴温泉ホテルでは一年中熱気球に乗る事ができるよ(TIBF6)

熱気球フェスティバルの期間は終わってしまった!でも熱気球を見たい!乗りたい!という方へ朗報です。

ここ鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)は台湾で唯一の熱気球設備を持っています。

しかも、ホテルの敷地内で、365日年中無休で飛ばしているとのこと(もちろん天候によっては飛ばない日もあります)。

もはやフェスティバル関係なし……。

飛ばす時間は早朝と夕方の1日2回。

結局早起きするか夕方まで待つかなんですね。

早朝か夕方なら一番風が少なく安全なので、お客様を乗せ易いらしいです。

熱気球に乗る場合、1000元+サービス料10%なので、日本円で約4000円。

乗るといっても飛行するわけではなく、ワイヤーで固定された状態で上空60m程度まで垂直昇降するだけですが。

スポンサーリンク

熱気球に乗ってみた

それでもせっかくなので記念に乗ってみることにしました。

気球運転の時間(朝7時と夕方5時くらい)になると、気球を上げるための広場の脇に、簡素なカウンターが出現し、そこを受付として気球の搭乗チケットを販売しています。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

こちらが搭乗チケット

最初はこんな感じでバルーン部分に巨大な扇風機で空気を入れて膨らませていきます。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

しかし、風が強く、中断。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

気球の部分って、結構大きいんですね。

しばらく待って、ようやく風もおさまり再開。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

どんどん膨らんできました!

しかし、また中断……

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

せっかく入れた空気が抜けないように一番太った男の子に先端に座らせ、再開!

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

どんどん形になってきました!

仕上げに、大型バーナーで火炎を噴いて徐々に浮かせていきます。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

このとき「ゴオオオ!」という轟音で相当驚かされますので、心の準備が必要です。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

とうとう、立ち上がりました。

ここからはもう早いです。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

どんどん高く上がっていきます。

やはり風が強いのか、途中で何度もバランスを崩していましたが、素晴らしい運転技術でなんとか安定させていました。

初めての気球で、なるほど!と思ったのは乗り降りのタイミングです。

気球は浮力のバランスをギリギリに調整しながら地上まで降りてきて人を乗せます。

その際、前に乗っていた人が先に降りてしまうと、一気に重量が失われ、気球が舞い上がってしまいます。(危ない!)

そこで、次に乗る人が先に乗ってから、もともと乗っていた人が降りなければいけないそうです。

それと、大型のバーナーを焚いているので頭上がかなり熱いです。

火力の調整役の方も常に厚手の皮手袋を着けて、ヤケドしないようにしていました。

乗り降りの際は注意が必要です。

  • 鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
  • 鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

髪が長い方はお団子に結んでおきましょう。

帽子も被らないほうがいいと思います。

何かあっては大変です。

また、気球に乗るのは、朝が良いようです。

風が少なく気球が安定しやすいので、揺れて恐い思いをすることが少ないそうです。

私たちが乗ったのは夕方でしたが、確かに、風でびゅうびゅう煽られて、乗っているバスケットから手を放すことができない程でした。

夕方なら気球から幻想的な夕日を見ることができ、とても良い思い出になりますが、風で揺れるのは恐かった……(泣)

  • 鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
  • 鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

この後、ホテルに戻って夕食にホテル内のビュッフェを頂きました(付近にはレストラン等、一切ないので)。

席を取ってから何を食べようかと物色していると、ものすごい物が運ばれてきました!

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

超巨大なフルーツポンチ!なかなか手が込んでいますね。

このあたりはスイカの名産地でもあるそうで、スイカが大きく甘く、しかも安い!

日本のものと違って丸いスイカではなく、楕円で巨大な品種です。

15kg以上もあるそうで、お土産には不向きですので、現地でおなかいっぱい食べましょう。

以上で熱気球フェスティバルレポートは終了です。

来年の熱気球フェスティバルは2016年7月1日~8月7日に行われるそうですよ。

ぜひみなさんも行ってみてくださいね。

<公式サイト>

臺灣熱氣球嘉年華-Taiwan Balloon Festival

鹿鳴溫泉酒店(日本語あり)

台東縣鹿野鄉中華路一段200號  
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています