台東の鹿鳴温泉ホテルでは一年中熱気球に乗る事ができるよ(TIBF6)

2015年の台湾国際バルーンフェスタへ1泊2日で行ってきました。

宿泊したのは、台東の高級リゾートホテル鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

実は、この鹿鳴温泉ホテルは、台湾で唯一の熱気球設備を持っています。

しかも、ホテルの敷地内で、365日年中無休で熱気球を飛ばしているとのこと。

(もちろん天候によっては飛ばない日もあります)

管理人のアイコン画像管理人

もはやフェスティバル関係ないわね。
でも年中できるのは魅力的よ。

熱気球を飛ばす時間は、早朝と夕方の1日2回

早朝か夕方なら、一番風が少なく安全なので、お客様を乗せ易いらしいです。

(熱気球フェスティバルのイベントも、開催時間は早朝か夕方のみです)

熱気球体験価格は1,000元+サービス料10%(約4,000円)。

乗るといっても、飛行する訳ではありません。

ワイヤーで固定された状態で、上空60m程度まで垂直昇降するだけ。

この記事では、鹿鳴温泉ホテルの熱気球体験サービスについて紹介します。

台湾国際バルーンフェスタに関する記事は、全6編。

この記事の最後に、全6編へのリンクがあります。

目次(見たい項目へ飛べます)

鹿鳴温泉ホテルの熱気球に乗ってみた

まずは搭乗チケットを購入

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
こちらが搭乗チケット

気球運転の時間(朝7時と夕方5時くらい)になると、気球を上げるための広場の脇に、簡素なカウンターが出現。

そこが受付カウンターとなっており、そこで気球の搭乗チケットを購入できます。

バルーンを膨らませる

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
巨大な扇風機で空気を入れて、膨らませていきます
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
風が強いため、一時中断
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
風が止んだので、再開したものの、再度中断
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
せっかく入れた空気が抜けないよう、一番太った男の子を先端に座らせ、再開!
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
どんどん膨らんできました!
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
仕上げに、大型バーナーで火炎を噴いて、徐々に浮かせていきます

このとき「ゴオオオ!」という轟音で相当驚かされますので、心の準備が必要です。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
とうとう、立ち上がりました!
鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
ここからはもう早いです。どんどん高く上がっていきます

やはり風が強いのか、途中で何度もバランスを崩していました。

しかし、素晴らしい運転技術で、なんとか安定させていました。

熱気球に乗った感想

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

初めての熱気球で、「なるほど!」と思ったのは、乗り降りのタイミングです。

気球は浮力のバランスを調整しながら地上まで降りてきて、人を乗せます。

その際、前に乗っていた人が先に降りてしまうと、一気に重量が失われ、気球が舞い上がってしまいます。(危ない!)

そこで、次に乗る人が先に乗ってから、もともと乗っていた人が降りなければいけないそうです。

頭の上が熱い・・・

大型のバーナーを焚いているので、頭上がかなり熱いです。

火力の調整役の方も、常に厚手の皮手袋を着けて、ヤケドしないようにしていました。

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
炎に注意

髪が長い方は、お団子に結んでおきましょう

帽子も被らないほうがいいと思います。

事故が考えられる要素は、事前に排除するのが鉄則です。

朝に乗るのがオススメ

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)

朝は風が少なく、気球が安定しやすいそうです。

つまり、揺れて恐い思いをする事が少ない。

私たちが乗ったのは、夕方でした。

確かに、風でびゅうびゅう煽られて、乗っているバスケットから手を放すことができない程でした。

夕方なら、気球から幻想的な夕日を見ることができ、とても良い思い出になりますが・・・。

風で揺れるのは怖かった(泣)

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
怖かったけど、素敵な思い出になりました

鹿鳴温泉ホテルでの夕食

鹿鳴温泉酒店(ルミナスホットスプリングリゾート&スパ)
超巨大フルーツポンチ

熱気球を楽しんだ後、夕食としてホテル内のビュッフェを頂きました。

何を食べようかと物色していると、ものすごい物が運ばれてきました!

この辺りはスイカの名産地でもあるそうで、スイカがとても甘くて美味しい!

まとめ

以上で、熱気球フェスティバルレポートは終了です。

熱気球フェスティバルは、毎年7月中旬~8月末までの1ヶ月半の間、台東にて開催されています

ぜひみなさんも行ってみてくださいね。

公式サイト

臺灣熱氣球嘉年華-Taiwan Balloon Festival

鹿鳴溫泉酒店

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる