この記事をシェア!

【今度は二度とありません】台湾の社交辞令、本当の意味は・・・?

この記事をシェア!

【今度は二度とありません】台湾の社交辞令、本当の意味は・・・?

台湾の人気YouTubeチャンネル「阿兜仔不教美語」。

台湾在住のスペイン人男性が台湾のいろいろな事について語っています。

そのチャンネルの最新動画「台灣客套話」で、台湾の社交辞令(客套話)の本当の意味について解説しています。

日本人と比べると、ストレートにものを言う印象の台湾人ですが、日本以外の外国人からみると、台湾人は社交辞令が多いとのこと。

日本の影響が色濃い台湾、社交辞令も多くなってしまったのでしょうか。

それでは台湾の社交辞令にはどんなものがあるか紹介します。

スポンサーリンク

台湾の社交辞令

小姐,不好意思=欸!

((店員さんなどに)すみませ~ん=おい!)


A:要不要吃東西? B:謝謝,謝謝=不要

(A:これ食べる? B:ありがとう=いらない)

これは中国語初心者の方は勘違いしそうですね。

謝謝と言っているけれども、意味は「要らない」という意味になるんです。

「要不要~?」と聞かれているので、要る場合は「要」と答えればOK。


改天再約吃飯=不要再見到你

(今度食事に行きましょう=二度と会うことはないでしょう)

謝謝再聯絡=不要再聯絡

(連絡をくれてありがとう=連絡してくんな)

可以幫我一個忙嗎?=替我做吧

(ちょっと手伝ってくれない?=やっといて)

麻煩你囉辛苦了=我可以偷懶了

(お手数おかけしました。お疲れ様でした。=楽できた♪)

你講中文很厲害=你普普通通

(中国語、お上手ですね=普通レベル)

我只會講一點點日文=我日文超流

(日本語なんてちょっとしかできないの=私は日本語ペラペラよ)

你女朋友好可愛=她不漂亮

(お前の彼女、可愛いじゃん!=美人じゃない)

你的節目有進步空間=爛死

(進歩の余地があるね=今はひどすぎる)

沒關係,慢慢來=快點啦

(大丈夫、ゆっくりやっていいよ=早くしろよ)

我懂你的意思=我不管

(あなたの言いたい事はわかりました=どうでもいい)

我要考慮一下=不會買

(ちょっと考えます=買わない)

台湾ではアパレル店などでお店の店員さんが「何かお伺いしましょうか?」と声かけをする時に、「你考慮什麼?(直訳:何を考えてるの?)」と言います。

「見てるだけです」と言いたい時には、「我要考慮一下」と言えばOK。

很另類、有趣、特別=很怪

(見たことない、変わったものですね、珍しいものですね=趣味わるいもの持ってんな)

寶貝你要不要去吃水餃=我要去

(ねぇダーリン、水餃子食べたくない?=私が食べたい)

寶貝とは英語のbabyのことで、赤ん坊という意味でも使われますが、恋人同士で相手を呼ぶときにも使います。

彼氏→彼女、彼女→彼氏、どちらを呼ぶ時にも使えます。

babyは音訳で「北鼻」と書く事もあります。台湾人の恋人がいる方はぜひ覚えておいてください。

這家餐廳生意太好了=他們服務很差

(このレストラン素晴らしいね=このレストランのサービス最悪)

台湾のネット民の反応

「超当たってる」

「女が言う『大丈夫』は大丈夫じゃないんだよな」

「俺は台湾人だが、俺自身も人の社交辞令をまじめにとらえてしまう事がある」

「時には社交辞令も必要。ストレートに言うと相手を傷つける場合もあるから」

まとめ

社交辞令、良いのか悪いのか・・・。

日本社会では人間関係をスムーズにするために必要不可欠なものですが、海外で同じようにやって通用するかというとそうではないんですよね。

日本式のまま海外でやって失敗するパターン、たくさんありますからね。

参照元:台灣人的客套話 老外翻譯真正含意是…

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています

コメント

  1. 匿名 より:

    面白い!
    でも建前と言うよりも最早嫌味の方が多い。。
    よく言う京都のぶぶ漬け並みに腹が読めないのもある。