この記事をシェア!

台湾で最も存在感のない県市はどこだ?台北は101ビル、高雄は花媽のイメージだけど。

この記事をシェア!

台湾で最も存在感のない県市はどこだ?台北は101ビル、高雄は花媽のイメージだけど。

台湾は本当に美麗な島で、夜市もあり、夜景もあり、山も川もあり、そして最も美しい風景は”人”の人情でしょう。

台湾の各県市はそれぞれ代表するものを持っています。食べ物だったり景色だったり。

しかし、それでも存在感か感じられない県市もあるんですよね。

台湾のネット掲示板で「屏東は美しい南洋がある。苗栗は桐花、花蓮は雲山水(湖)、宜蘭は夏休み期間中の童玩節、台中は台湾で一番治安が悪い、高雄は花媽、台東は田舎。じゃあ、台湾で最も存在感のない県市はどこだろうか?」というスレッドが立ち、話題だったので紹介します。

台湾で最も地味な県は一体どこなのでしょうか。

スポンサーリンク

高雄の花媽?

まず、高雄の花媽とはこちらのお方。見た目のインパクト大な女性市長の事です。

花媽とはもともとは漫画「あたしンち」のお母さんの事を指していたようです。

高雄花媽

花媽と呼ばれている高雄市長/東森新聞

そして、台湾のすべての県市の地図がこちら。

台灣縣市

台湾の県市/中華民國內政部地政司

それでは、これらを踏まえて、台湾のネット民の意見を見てみましょう。

基隆市

台湾の人にとっては存在感がないようです。

でも、おいしいパイナップルケーキはあるし、漁港の風景は美しいし、ハリウッドを模したKEELUNGの看板があっておもしろいですよ。あと夜市も有名です。

基隆

写真/背包客棧

彰化県

「大甲媽祖以外何もない」らしいです。

でも彰化県の肉圓はおいしいらしいです。

桃園市

「桃園はお隣さんを真似してばかり。”桃園市民カード”を作ったり、”桃園國樂節”を開催したり。」

桃園市市民卡

写真/桃園事Facebook

桃園には石門水庫という台湾北部にとって重要なダムがあります。忘れてはいけませんよ。

石門水庫

写真/becky-photo.com

雲林県

「雲林は西螺大橋と果物以外、何も思い浮かばない。」

「雲林駅って名前の駅がないから。雲林高校とか、雲林大学とかもないみたいだし・・・?」

「絶対に雲林だね。他の場所は文化や美食や景勝地があるけど。」

雲林県でいちばん大きな駅は斗六駅という名前らしいです。

そして雲林県は実はコーヒーが有名なんです。

スタバばかりじゃなく台湾のコーヒーもぜひ!

連江県

「連江県を入れるのはダメかな、だって台湾に属してないしXD」

「連江県で選挙が行われていなかったら、この県の名前は知らなかった」

「連江県の存在はいつも忘れちゃう・・・」

馬祖がある連江県、実は中華民国福建省に属しているんですね。複雑な両岸関係が絡んでいます。

でも、馬祖の海では4月中旬ごろに、青く発光する貝虫が現れ、とても幻想的な風景を見る事ができるんですよ。

馬祖介形蟲

その名も「青い涙」/馬祖愛趴GO Facebook

台湾の総人口の70%近くが、台北市・高雄市・新北市・台中市・台南市・桃園市の6直轄市に住んでいます。
(直轄市=人口125万以上、政治・経済・文化の発展に重要な地域が指定される)

これらの大都市だけではなく、台湾の小規模な街にもぜひ行ってみてくださいね。

参照元:台北有101.高雄有花媽 那全台最沒存在感的縣市是?

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています