この記事をシェア!

油條と蛋餅を両方食べたい!そんな時には揚げ蛋餅を!~大龍街炸蛋餅~

この記事をシェア!

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

台湾の朝ごはんの定番、油條と蛋餅。

油條(揚げパンみたいなもの)は豆乳につけて食べたり、天かす代わりにおにぎりの具として入っていたり。

蛋餅(卵の薄焼きクレープ包み)はハムやチーズなどの具を入れて焼いたもの。

どちらか一つを頼むことが多くて、二つとも食べるという人はそんなにいないんじゃないでしょうか。

でも油條と蛋餅を両方食べたい!というワガママさんの願いを叶えてくれるのが、大龍街炸蛋餅の揚げ蛋餅。

スポンサーリンク

大龍街炸蛋餅

揚げ蛋餅なら、油條と蛋餅を両方食べた気になれます。

台北市の孔子廟の近くの、大龍街267號の向かい側で営業している屋台。

朝6時~売り切れ次第終了(だいたい昼頃まで)。

特に店名はないようなので、みなさん大龍街炸蛋餅と呼んでいるようです。

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

写真/接力吃下去

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

写真/接力吃下去

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

紙袋の中身が揚げ蛋餅。台湾の朝ごはん紙袋はこんな感じ/接力吃下去

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

揚げ蛋餅(炸蛋餅)35元/接力吃下去

大龍街炸蛋餅揚げ蛋餅

具は卵のみ/接力吃下去

豆乳1杯25元だけど、700㏄入ってる

小さなお店ですが創業40年以上で、お客さんは地元の人がほとんど。

揚げ蛋餅にはバジル味がついているという変わり種蛋餅です。

豆漿大杯25元というとちょっとお高いのですが、こちらのお店の大杯は700㏄あるので25元でも妥当です。

ちなみにこちらのお店、蛋餅は揚げ蛋餅のみですが、油條は単品メニューにありますので、油條を食べたい方は頼んでくださいね。

珍しい揚げ蛋餅、朝ごはん屋さんで見つけたらぜひ購入してみてください。

大龍街炸蛋餅:台北市大同區大龍街267號
MRT淡水信義線圓山駅徒歩約9分

 台北市大同區大龍街267號  
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています