三浦春馬が台湾のTV番組で観客を沸かせた「颱風天就是要泛舟!」について解説!

三浦春馬が台湾のTV番組で観客を沸かせた「颱風就是泛舟!」について解説!

台湾でも公開される映画『進撃の巨人』の宣伝のため、7月末に台湾を訪れていた三浦春馬。

台湾の人気バラエティ『大學生了沒』に出演し、観客を沸かせたというのですが、いったい何をしたのでしょうか。

スポンサーリンク

台湾の人気バラエティ『大學生了沒』

司会者と大学生が出演し、今話題のものや大学生活について語り合う番組。

台湾の若者の話し方を知ることができ、中国語の勉強になるので、管理人が台湾にいたときには毎日見ていました。他の台湾のバラエティほど下品ではないのがいいところ。

三浦春馬は行定勲監督の日中合作映画『真夜中の五分前』に主演し、そのときに中国語のレッスンを受けていたとのことで、中国語も交えながらの出演。

管理人もこの映画を見ましたが、三浦春馬が中国語をしゃべっているシーンが多くて、頑張ったなぁ~と思いました。

とても素晴らしい映画なので、三浦春馬ファン以外の方でも、中国語を勉強している方はぜひ見てみてください。

それでは三浦春馬が出演した大學生了沒の抜粋をどうぞ。

司会者に「好きな中国語は何ですか」と聞かれ、「颱風天就是要泛舟!」と答え、ドッと笑いが。

海外で笑いもとれるイケメン俳優だなんて完璧すぎるだろ・・・。

台湾事情を知らない人には何のことだかさっぱりわからないと思うので、解説します。

クソコラ祭りで話題の泛舟哥について

まずはこちらをご覧ください。

途中で顔の表情が印象的な男性が出てきましたね。

颱風就是要泛舟呀 不然要幹嘛(台風の日にボート遊びしないでどうするんだ)」と言っています。

7月初めに台湾を襲った台風10号。台風が来ているのにも関わらず、墾丁のビーチに遊びに来ている人に記者がインタビューした映像です。

この表情+発言を台湾のネット民が見逃すはずがなく、クソコラ祭りが発生。

泛舟哥(ボートお兄さん)と呼ばれネットで話題となり、次々と台湾のテレビ番組に出演、一躍人気者になったんです。

それにしてもほんの一瞬映っただけなのに、台湾のネット民はすごいですよね。

台湾では国内ニュースが少ないため、どんな小さなことでも報道ニュース番組で流れるので、台湾では安易にテレビに映らないほうがいいですよ。

この件が7月初め、三浦春馬が台湾へ行ったのが7月末だったので、ちょうど泛舟哥が話題だったときですね。

関連動画まとめ

三浦春馬が出演した大學生了沒の完全版

緑のチェックの服の女の子が三浦春馬のファンで、それが理由で大学は日本語学科に入ったそうです。

対面前は「壁ドン(壁咚)されて壁ドン返し(反壁咚)したい」と話していました。

結局壁ドンは司会者が「要求が高すぎる」と言いしていませんが、その代わりに名前とサイン入りの写真集をもらっています。

背の高い三浦春馬に合わせて、背の高い通訳さんですね。

泛舟哥が出演した回の大學生了沒には可愛すぎるマクド店員イルカちゃんも出演

泛舟哥に続き、台湾のネットで話題となった「可愛すぎるマクド店員」イルカ(海豚)ちゃん。

なんかこう、自然物ではない雰囲気がプンプンするんですが、どうなんでしょうか。

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!