この記事をシェア!

国立故宮博物院の入場料優待まとめ!無料で入れる日もあるよ

この記事をシェア!

国立故宮博物院の入場料優待まとめ!無料で入れる日もあるよ

たくさんのお宝が展示されている台北の国立故宮博物院

一般入場料は、250元とちょっとお高め。

しかし、いろいろな入場料優待サービスがあるので、それを活用すると、とてもお得にお宝を見る事ができます。

今回は、2017年9月時点の、台北の国立故宮博物院の入場料優待サービスをまとめました。

スポンサーリンク

国立故宮博物院の入場料優待まとめ

開館時間:8:30~18:30、金・土は21:00まで

チケット販売時間:閉館時間の30分前まで

休館日:無し、年中無休

一般入場料:250元

※スマホの方は横スクロール

優待価格

対象者

150元

  1. 台湾の身分証をお持ちの方
  2. ISICのマークが入った国際学生証をお持ちの方

230元

10人以上の団体の場合、ひとり230元。

但し、団体チケット購入の方は、
オーディオガイドレンタル料金30元を支払い、
オーディオガイドを利用する事。

320元

  1. 順益台湾原住民博物館
  2. 美麗華百楽園の観覧車

上記2か所のチケットとセット購入の場合。

680元

台北101展望台チケットとセット購入の場合。

(台北101展望台チケット売り場でのみ販売)

入場無料の人

  1. 就学前の児童
  2. 台湾国籍の65歳以上の方
  3. 身体障碍者の方と同行者1名(国籍制限なし)
  4. 台湾で低所得者の証明書がある方
  5. 台湾の学生で、
    「教育部立案學校有效學生證」を持っている方
  6. 2017年9月1日~2018年12月31日まで、
    毎日午後4時30分以降に入場する、
    台湾の身分証をお持ちの方

入場無料の日

新暦1月1日

元宵節(旧暦1月15日)

5月18日(国際博物館デー)

9月27日(世界観光デー)

10月10日(国慶節)

2017年9月1日~2017年12月31日まで、南・北いずれかの故宮博物院で購入された入場券の半券は、3ヶ月以内であれば、もう一方の入場券として使用できます。

(半券の使用で、入場料無料)

また、国立故宮博物院では、チケット購入時の混雑を軽減するため、悠遊卡(ヨーヨーカード)での入場料の支払いができるようになっています。

2018年1月1日から、値上げ

2018年1月1日から、国立故宮博物院の入場料が値上げされる予定です。

一般チケット:250元→350元

団体チケット:230元→320元

国立故宮博物院へ行きたいと思っている方は、値上げされる前に、行っておくといいですね。

館内のお土産物屋さんには、可愛いマステや剣の製氷器などのおもしろいグッズがあります。

また、台湾旅行の楽しみのひとつである「記念スタンプ集め」、故宮博物院のスタンプはとてもカッコいいので、ぜひ押してくださいね。

まとめ

故宮博物院の後、士林夜市に行くというのが定番観光コース。

しかし、故宮博物院は開館直後のほうがお客さんが少なく、ゆっくり見れます。

館内が混雑しているのが嫌な人は、朝早くから故宮博物院へ行ったほうがいいでしょう。

公式サイト 國立故宮博物院(時間票價)

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています