この記事をシェア!

日本人「台湾のコンビニ袋が画期的!弁当が斜めにならない!」

この記事をシェア!

日本人「台湾のコンビニ袋が画期的!弁当が斜めにならない!」

これもまた「台灣之光」?

日本のネット民の方が、台湾旅行へ行った際に、とある画期的な発明を見つけたそうです。

一体どんなものなのでしょうか。

早速見てみましょう。

スポンサーリンク

台湾の画期的な発明とは・・・

それは、台湾のコンビニ袋。

お弁当が斜めにならない、画期的な袋です。

台湾の画期的な発明とは・・・ それは、台湾のコンビニ袋。 お弁当が斜めにならない、画期的な袋です。

写真/harupaca

お弁当を温めた時に、このような袋に入れてくれます。 確かに、日本では見たことがないので、日本人にとっては新鮮ですね。

写真/harupaca

お弁当を温めた時に、このような袋に入れてくれます。

確かに、日本では見たことがないので、日本人にとっては新鮮ですね。

台湾の反応

日本人にとっては新鮮でも、台湾ではこの袋が普通。

日本でこの袋が話題になっている事を知った、台湾人の反応は・・・

「え?日本が発明したんだと思ってた」

「台湾では、コンビニやスーパーではレジ袋有料なのに、この袋は無料でくれるんだよね。この袋の方がコストかかってるはずなのに」

「でも、重い物入れるとすぐ破れるけど」

「コンビニのお弁当って添加物がいっぱいだよ」

「この袋は他に使いようがないから、すぐゴミ箱行き。環境保護になってない気がする」

「台灣之光」

「昔からあったのに、日本人は今頃気付いたのかよw」

「これ、ビニールじゃなくて不織布なんだよ」

「日本人が台湾に来て、一番印象に残ったのがこれってこと?」

まとめ

パンとお茶を買ったとか、お弁当を温めなかった場合は、日本同様のビニール袋に入れてくれます。

但し、台湾では、コンビニのレジ袋は有料。

レジ袋にお金を払いたくない人は、マイバッグを忘れずに。

参照元:台超商「便當提袋」 日網友讚:革命性發明

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています