この記事をシェアする

台湾の「ペーパーレス無実体電子レシート」について。在住者や年に何回も台湾へ行く人にオススメ

この記事をシェアする

台湾の「ペーパーレス無実体電子レシート」について。在住者や年に何回も台湾へ行く人にオススメ

IT化がかなり進んでいる台湾。

お店でもらうレシートも、完全なペーパーレスに対応しています。

今回は台湾のペーパーレスレシート「無実体電子レシート」(無實體電子發票)について紹介します。

雲端發票(クラウドレシート)とも呼ばれているこのレシート、当選した場合は財政部から自動的に当選メールが送られてくるので、自分で当選番号を確認する必要がありません。

無駄が省けますね。


「無実体電子レシート」について

2年ほど前にスタートした、「無実体電子レシート」。

台湾在住者の方や、年に何回も台湾へ行く方は、ぜひ行って欲しいです。

「無実体電子レシート」とは、

  1. ネットで買い物した時
  2. 手機條碼(個人IDバーコード)を使って買い物した時

上記の場合に発行される、電子レシートのことです。

1.ネットで買い物したとき

台湾人にとっても日本人にとっても、ネットでの買い物は当たり前の時代。

台湾でネット上で買い物すると、メールに「副本レシート」が送られてきます。

そのレシートに宝くじ番号(發票號碼)が記載されています。

1.ネットで買い物したとき 台湾人にとっても日本人にとっても、ネットでの買い物は当たり前の時代。 台湾でネット上で買い物すると、メールに「副本レシート」が送られてきます。 そのレシートに宝くじ番号(發票號碼)が記載されています。

そして、当選すると「正本レシート」がメールで自動的に送られてきます。

自分で当選番号を照らし合わせる必要はありません。

その「正本レシート」を印刷すれば、通常のレシート同様、当選金と引き換える事ができます。

2.手機條碼(個人IDバーコード)を使った時

財政部のHPから、手機條碼(個人IDバーコード)を申請する事ができます。

申請には、台湾の携帯電話番号が必要です。

申請すると、ひとりひとりに“バーコード”が与えられます。

それを、お店での支払いの際に“ピッ”としてもらうと、手機條碼の個人IDの中に、買い物明細と宝くじ番号付レシートが保存されます。

紙のレシートは発行されません。(言えば発行してくれます)

完全なペーパーレスです。これこそ環境保護ですね!

手機條碼はスマホでも表示ができますし、印刷して普段持ち歩くものに貼っておいてもOK。

手機條碼 スマホで表示/逍遙文工作室
スマホで表示/逍遙文工作室

このように、手機條碼をPDFデータでダウンロードできます。

シール紙に印刷すれば、シールになるので便利。

このように、手機條碼をPDFデータでダウンロードできます。 シール紙に印刷すれば、シールになるので便利。
写真/HYC(shereeh)

スマホで表示でもいいですが、背面カバーに貼っておけば、いちいち画面を触る必要がないので楽ちん。

スマホで表示でもいいですが、背面カバーに貼っておけば、いちいち画面を触る必要がないので楽。
写真/瘋科技

手機條碼を使って買い物し、当選がある場合、財政部からメールが届きます。

また、7-11のibonなどで、手機條碼のコード番号を入力する事でも、当選を確認できます。

無実体電子レシートの当選金について

「無実体電子レシート」の当選金額は、100万元か、2000元の2種類のみ

何とも極端ですが、100万元は10組、2000元は5000組の当選番号があるそうです。

※但し、アルファベット2つと8ケタの数字の完全一致が必要

まとめ

今までの紙のレシート。

2か月分ともなると、大変な量でした。

台湾は外食文化で三食外食する事も普通という事もあり、レシートがかなり溜まるんですよね。

今までの紙のレシート。 2か月分ともなると、大変な量でした。
写真/逍遙文工作室

これだけの量がペーパーレスになったのですから、かなりの量の紙を節約できていますね。

環境保護意識の高いみなさん、ぜひ「無実体電子レシート」を使ってくださいね。

スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!