メッセージを表示できる台湾のLEDランタン派出所で愛を伝えよう!

メッセージを表示できる台湾のLEDランタン派出所で愛を伝えよう!

台湾鉄道平溪線の終着駅・菁桐駅前にある天燈派出所(天灯派出所/ランタン派出所)

正式名称は「新北市政府警察局瑞芳分局平溪分駐所」と言う、警察の方が職務を行っている本当の派出所。

ここには、高さ9m・約20万個のLED電球が使われたLEDスカイランタンがあります。

そのLEDスカイランタンに、なんと自分で書いたメッセージカードを表示させる事ができます

それではどんなところか詳しく見てみましょう。

スポンサーリンク

ランタン派出所

2014年3月14日に誕生したランタン派出所。

台北MRT大安森林公園駅を設計した建築事務所が設計しています。

20160829

黃阿璋さん(@1028robert)が投稿した写真 –

ランタンに向かって右側の建物の2階が派出所、旅客サービスセンター、フードコートになっています。3階は警察宿舎と展望台。

建物の中にはトイレもあります。

昼間は何もやっていないので、菁桐老街を散策するなどしてから行きましょう。

メッセージを表示できる!

16:00-19:00(土日祝日は20:00)の間、30分ごとにLEDランタンを使ったライトショーを行っています。

ライトショーでは、「波麗士許願天燈(ポリス願い事ランタン)」という、自分で書いたメッセージカードをLEDスカイランタンに表示できるサービスがあります。

メッセージカードは1枚150元。建物の2階で購入できます。

六角形ランタンとハート形ランタンの2種類のカードがあり、投影時の形が違うので、好きな方を選んで下さい。

メッセージカードをスキャナして読み込むので、中国語以外を書いてもOK。

英語でも日本語でも絵を描いてもOKです。

LEDスカイランタンに、スカイランタンの歴史及び平溪地方の特色の紹介が3分間投影された後、自分が書いたメッセージカードの投影が行われます。

自分のランタンは一度しか流れてこないので、見逃さないように注意。

#skylantern #environmentallyfriendly #romantic #happybirthday

stitchさん(@stitch_chang)が投稿した動画 –

メッセージカードは持ち帰りできます。

ハガキになっているので、そのまま台湾から家まで郵送してもいいですね。

普通のランタン飛ばしと違って、紙を燃やさないのでとってもエコ。

愛の告白やプロポーズ、誕生日のメッセージなどに使うといいんじゃないでしょうか。

普通の電光掲示板にメッセージを表示させると、とってもお高いですが、ここなら150元でできますよ。

<波麗士許願天燈(ポリス願い事ランタン)>

・費用:150元(下記3点込)

  1. メッセージカードハガキ
  2. 投影後のハガキ郵送サービス(海外も可)
  3. ランタン派出所のフードコート内で使用できる商品券

・投影時間:16:00-19:00(土日祝日は20:00)

上記時間帯で毎時00分と毎時30分に、ライトショーが行われます。

スカイランタンの歴史及び平溪地方の特色の紹介が3分間表示された後、自分が書いたメッセージカードがスカイランタンの形になり投影されます。

1個のスカイランタンが投影される時間は約30秒。

自分のスカイランタンは1度しか流れてこないので見逃さないように。

1回のライトショーで投影できるスカイランタンの数に限りがありますので、絶対にメッセージを流したい方は早めに申し込みをしたほうがいいでしょう。

※メッセージカードハガキ購入時に、何時のショーに投影するかの予約が必要。また、投影時間の10分前までにメッセージを書いて提出して下さい。

天燈派出所(天灯派出所/ランタン派出所)
住所:新北市平溪區靜安路2段141號
アクセス:MRT文湖線木柵駅から台湾好行バス木柵平溪線に乗り、菁桐坑バス停下車(約1時間・45元)。
もしくは台湾鉄道台北駅から瑞芳駅まで行き(約1時間・59元)、平溪線に乗り換え、菁桐駅下車(約40分・20元)。瑞芳駅では平溪線一日週遊チケットの購入も可能。
スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!