台湾のコンビニにあるレシート入れは「ごみ箱」ではなく「募金箱」です

台湾旅行に行って、コンビニで買い物したとき、「レシート要らないからここに入れておこう」と、レジ横のレシート入れに入れていた方!

それ、不要レシートを入れる“ごみ箱”じゃないんですよ。

実は“募金箱”なんです!

台湾のレシートは宝くじになっています。

当選金額は最低200元、最高1,000万元。

レシートが宝くじになっている理由は、脱税防止のためです。

(詳しくはこちらをご覧下さい)

レシートが宝くじになっているため、チャリティ団体がレシートを集め、当選金をチャリティ活動に使っています。

コンビニのレジ横やホテルのロビーなどに、チャリティ団体の「レシート入れ」が設置されています。

レシートが当選していても、換金は台湾国内でしかできません。

当選番号の発表は2か月に1回、換金期限は当選番号発表から3ヶ月以内です。

ですから、「年に何度も台湾へ行かない」という方は、レシートの寄付をお願い致します!

この記事では、台湾のレシート募金箱について紹介します。

目次(見たい項目へ飛べます)

チャリティ団体がレシートの寄付を募っている

レシート入れをよく見ると、「○○基金會」(基金会)などと書かれています。

どの団体が、どういう支援目的のために集めているのか書かれています。

レシート入れが複数ある場合は、自分の支援したい活動内容のものに入れると良いでしょう。

中国語が出来ない人でも、漢字でなんとなく内容が分かると思います。

レシート入れ/台湾自由行
レシート入れ/台湾自由行
漸凍人とはALS患者のこと/Snail_蜗牛
漸凍人とはALS患者のこと/Snail_蜗牛
チャリティ団体World Visionのレシート入れ/石嘵東
チャリティ団体World Visionのレシート入れ/石嘵東
独居老人・貧困家庭を支援/雅之倾欣
独居老人・貧困家庭を支援/雅之倾欣

「50元以下の買い物の時には、レシートを寄付する事にしている」という台湾人もいるそうです。

なんて徳が高いんでしょう・・・。

(勘違いをしている人がいたので書いておきますね。↑は「50元以下のレシートは当たらないので寄付している」という意味ではありませんよ。「チャリティに参加するために、自分の中でレシートを寄付する時のルールを作っている。そのルールとは50元以下の買い物をした時」という意味です)

台湾の人って、チャリティ意識が高い人が多いんですよね。

だからこそ、東日本大震災の時に、台湾からあれだけの支援が集まったのだと思います。

頻繁に台湾旅行をしない人は、ぜひレシート寄付を

外国人旅行者でも、レシート宝くじの当選金を貰えます。

当選金の換金には、換金期限があります。

年に何回も台湾へ行く人は、当選金を換金できると思います。

しかし、頻繁に台湾へ行かない人は、できればレシートを寄付して下さい。

これも「台湾へ感謝の気持ちを表す活動」の一つです。

200元当たったレシートを、換金せず日本でゴミ箱に捨てると、それは単なるゴミ。

台湾で寄付しておけば、チャリティ団体は200元の収入になったのです。

まとめ

台湾の空港にも、チャリティ団体が寄付を募っているレシート入れがあります。

確認済みなのは、

  • 第二ターミナルの搭乗待合室エリア(このエリアにいくつかあります)
  • 第二ターミナル出国審査後のフードコート入口

上記二か所にはレシート入れがありました。

出国前に、財布に溜まったレシートの整理をして、すっきりしてから帰国しませんか。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

この記事を皆に教えたい!

コメントをどうぞ

コメントする

目次(見たい項目へ飛べます)
閉じる