この記事をシェアする

台湾のコンビニにあるレシート入れは「ごみ箱」ではなく「募金箱」です

この記事をシェアする

台湾のコンビニにあるレシート入れは「ごみ箱」ではなく「募金箱」です

台湾旅行に行って、コンビニで買い物したとき、「レシート要らないからここに入れておこう」と、レジ横のレシート箱に入れていた方!

それ、不要レシートを入れる“ごみ箱”じゃないんですよ。

実は“募金箱”なんです!

今回は、台湾のレシート募金箱について紹介します。


台湾のレシートは宝くじ

台湾のコンビニやスーパー、百貨店などで発行されるレシートは、上部に8ケタの番号が振られた宝くじになっています。

当選すれば、最低200元、最高1000万元貰えます。

当選する確率はそれほど高くないのですが、200元なら、たまーに当たります。

レシート宝くじが当選しても、引換期間があるので、その期間内に引き換えをしなければなりません。

レシート宝くじは、当選番号発表が「奇数月の25日」(前月分と前々月分のレシート)、引換期間が「翌月6日~3か月後の5日」となっています。

例えば、買い物した月が「1月と2月」のレシートは、レシート宝くじの当選番号発表日が「3月25日」、引換期間が「4月6日~7月5日」です。

当選番号発表、引換期間は、完全に日付で決まっており、毎年同じです。

よほどの事がない限り、変更される事はありません。

(なぜ台湾のレシートが宝くじになったのか及び詳しい当選番号発表日・引換期間を知りたい方はこちら

ですから、その引換期間内に引き換える事ができない人や、徳の高い人などが、不要レシート入れにレシートを寄付しています。

チャリティ団体が不要レシートを集めている

コンビニのレジ横や、お店の出入り口にレシート入れが置かれています。

よく見ると、「○○基金會」(基金会)などと書かれています。

そういったチャリティ団体が、不要レシートを集め、そのレシートが当選しているかをチェックし、当選していた場合は、当選金をチャリティ活動に使用しています。

レシート入れには、どの団体が、どういう支援目的のために集めているのか書かれています。

レシート入れが複数ある場合は、自分の支援したい活動内容のものに入れるといいでしょう。

中国語が出来ない人でも、漢字でなんとなく内容がわかると思います。

このレシート入れは、レシート宝くじの当選番号発表前のレシートを入れるものです。
当選番号発表後に、ハズレたレシートを入れるものではありません。

レシート入れ/台湾自由行

レシート入れ/台湾自由行

漸凍人とはALS患者のこと/Snail_蜗牛

漸凍人とはALS患者のこと/Snail_蜗牛

チャリティ団体World Visionのレシート入れ/石嘵東

チャリティ団体World Visionのレシート入れ/石嘵東

独居老人・貧困家庭を支援/雅之倾欣

独居老人・貧困家庭を支援/雅之倾欣

「50元以下の買い物の時には、レシートを寄付することにしている」という台湾人もいるそうです。

なんて徳が高いんでしょう・・・。

台湾の人って、チャリティ意識が高い人が多いんですよね。

だからこそ、東日本大震災の時に、台湾からあれだけの支援が集まったのだと思います。

頻繁に台湾旅行をしない人は、ぜひレシート寄付を

外国人旅行者でも、レシート宝くじの当選金を貰えます。

年に何回も台湾へ行く人は、レシートをとっておいたほうがオトク。

でも、頻繁に台湾へ行かない人は、できれば、台湾旅行中に溜まったレシートを、レシート入れに寄付して頂きたいです。

これも、台湾へ貢献し、台湾へ感謝の気持ちを表す活動のひとつとなります。

もう一度書きますが、レシート宝くじは、当選番号発表が「奇数月の25日」(前月分と前々月分のレシート)、引換期間が「翌月6日~3か月後の5日」となっています。

ですから、「半年に一回ペース以上で台湾旅行している人」なら、引換期間内にもう一度台湾へ行く事ができると思います。

しかし、「一年に一回ペース以下で台湾旅行している人」は、引換期間内に当選金を引き換える事ができません。

「一年に一回ペース以下で台湾旅行している人」は、ぜひレシートの寄付をして頂きたいです。

その方が、台湾人に喜ばれますよ。

明細ではなく、QRコード付レシートを寄付してください

View this post on Instagram

李明倫さん(@minglun.li)がシェアした投稿

現在、台湾で発行されているレシートは、上の写真のような、

  • QRコードが2つ付いているレシート
  • 表面がカラー印刷された無駄に長いレシート(写真では折り畳んでいる)

の二種類です。

コンビニ、百貨店、チェーン店などは、QRコード付レシートを発行しており、小さな個人商店は後者のレシートを発行しています。

このQRコードに、明細や宝くじ番号が刻まれているので、台湾人はQRコードをスマホアプリで読み込み、明細確認と宝くじ当選確認を行います。

基本的に、お店から渡されるレシートは、この「QRコード付レシート」のみで、明細は言わないとくれません。

しかし最近は、外国人旅行者には、何も言われなくても明細を渡している店が多いようです。

明細には、宝くじ番号は書かれていません。

購入した商品名や金額、日付などは書かれています。

ですから、寄付する際には、明細ではなく、「QRコード付レシート」の方を寄付してください。

無駄に長いレシートの場合、宝くじ番号と明細が一緒になっているので、寄付する際はそのまま寄付箱へ。

まとめ

空港にも、レシート入れが置かれているそうですよ。

出国前に、財布に溜まったレシートの整理をして、すっきりしてから帰国しませんか。

台湾のレシート宝くじの当選確認方法!スマホアプリを使えば楽々♪
台湾では、夜市の屋台や一部小さな飲食店を除くほとんどのお店で、日本同様レシートが発行されます。 しかし、この台湾のレシートが日...
おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!


コメント

  1. […] 詳しくは、コチラ をご参照下さい。 […]

  2. […] 、集まったレシートを『レシート入れ』に入れることで寄付することもできます。捨てるようでしたら、是非、寄付してほしいと思う管理人です。 詳しくは、コチラ をご参照下さい。 […]