この記事をシェア!

夏でも予約必須!桃園の火鍋屋さん鎮記麻辣火鍋

この記事をシェア!

鎮記麻辣火鍋

オープンから14年、いつも地元の人でいっぱいの桃園の火鍋屋さん鎮記麻辣火鍋をご紹介します。

桃園市内に3店舗あるのですが、どのお店も店内が広々していて清潔感もあって居心地が良いです。サービスも行き届いていて店員さんの印象も良いですよ。

  • 鎮記麻辣火鍋

    桃園店/愛跑人妻

  • 鎮記麻辣火鍋

    桃園店/鎮記

チェーン展開している食べ放題の火鍋屋さんやガイドブックで有名な火鍋屋さんは、わりと外国人客向けに辛さ控えめにしてあったりしますが、ここは台湾人向け本格火鍋店。麻辣鍋は容赦ない辛さです!

辛さを小辣・中辣・大辣から選ぶことができますが、日本人ならまず小辣を選ぶことをオススメします。このお店に限らずですが、小辣(少し辛い)でも想像以上に辛いということもよくあります。現に外国人のお客さんが小辣でも汗だくで食べているのをたまに見かけます。

では鍋を頼んでみましょう。まずは鍋の種類を選びます。人数にもよりますが、麻辣鍋240元〜、酸漬け白菜とお肉がたくさん入った酸白鍋250元〜、半分ずつ味わえる鴛鴦鍋(おしどり鍋)320元〜となっています。

最近、日本の鍋屋さんでも見かけるようになった、2種類のスープを楽しめる鍋がありますよね。あれは台湾では「鴛鴦鍋(おしどり鍋)」と呼ばれています。どうしても好みが分かれてしまう大人数での食事のときにオススメ。

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

次に好きな具材をオーダーしていきます。具材は40元〜、お肉は210元〜。具材は白菜、ホタテ、つみれなどのほか、豬血糕、芋頭、臭豆腐、台湾の葉物野菜として一般的な大陸妹や空心菜など台湾独特の具材があります。

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

  • 鎮記麻辣火鍋

    写真/梅子

台湾鍋の漬けだれでよく使われる「沙茶醬」、このお店ではオリジナル沙茶醬が使用されています。新鮮なネギと合わせて鍋の具をつけながら食べるとコクが加わり一層美味しくなります。もし辛さを抑えたい時にはお酢を加えると不思議なことに辛くなくなりますよ。

お通しのザーサイも甘酸っぱいけどピリっと辛味も効いていて、箸が止まらなくなる味です♪

  • 鎮記麻辣火鍋

    ネギと沙茶醬はおかわり可/咬咬&151

  • 鎮記麻辣火鍋

    ザーサイ/咬咬&151

食べ放題ではないですが、スープも具材もボリュームがあって、お腹いっぱいになる位の量を頼んでも、食べ放題のお店の価格とさほど変わりありません。こちらのお店でのひとりの平均消費価格は4~500元くらいです。

もし食べきれなかったらお持ち帰り可能で、スープと無料の鍋種を増量してくれるので、翌日も自宅で火鍋を楽しめますよ。

夕食時はいつもお客さんでいっぱいです。回転は早い方だと思いますが、5名以上の場合は席予約を受け付けてくれるので先に予約して行くことをオススメします。

やみつきになる辛さの本格火鍋をぜひ一度お試しください。

鎮記麻辣火鍋:桃園市桃園区大興西路2段178號 TEL:03-301-1190 営業時間:昼AM11:00〜PM2:00、夜PM5:00〜深夜2:00 中壢区と蘆竹区にもお店があります

桃園市桃園区大興西路2段178號
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています