この記事をシェア!

下の名前がないのはなぜなんだぜ?台湾のコカ・コーラネームボトルをご覧ください

この記事をシェア!

可口可樂姓名瓶

いま日本で話題のコカ・コーラネームボトル。実はこれコカ・コーラ誕生100周年を記念して世界中で行われているキャンペーンなんです。

台湾では、英語名の女性名”Emily”、”Amy”、”Tina”などを全部で36種類、英語名の男性名”Jason”、”David”、”James” などを全部で36種類、台湾人の名字”Chen”(陳)、”Lin”(林)、”Wang”(王)などを全部で24種類、その他として「男朋友(彼氏)」、「女朋友(彼女)」、「帥哥(イケメン)」などを全部で21種類発売しています。

また、店舗限定ネームボトル(名前ではありませんが)として下記のものがあります。

全聯福利中心(台湾のスーパー):「水某」(台湾語できれいな奥さん)と「好尪」(台湾語でよい旦那さん)

全家便利商店(ファミリーマート):「北鼻」(babyの諧音)

家樂福(カルフール):”Love”、「可口可樂」(コカ・コーラ)、「阿爸」(パパ)、「阿母」(ママ)、「寶貝」(赤ん坊や恋人を指す)

コカ・コーラの中国語訳は可口可樂。これは外来語の中国語訳として最も上手い訳語のひとつと言われています。発音が英語のコカ・コーラに似ている、字の意味が「口に合う、楽しめる」、発音して心地よくリズムが良い、というのがその理由です。

可口可樂姓名瓶

写真/oshare.com

可口可樂姓名瓶

写真/台灣自由行達人

可口可樂姓名瓶

写真/鄭瑋瑋

可口可樂姓名瓶

写真/devilmen

ここで「なんで英語名なの?」と思った方がいると思います。

台湾では「英語名をつける」という習慣があります。イギリスの植民地だった香港で、イギリス人には中国語の発音が難しいため、呼びやすいようにと英語名がつけられるようになったのが台湾にも広まったのです。中国語は本当に発音命なので、発音がちょっとでも違うと伝わりません。英語名の方が外国人が呼びやすいんです。

ですから英語を話すときや外国人と仕事上などで関わるときには英語名を名乗ることが多いんです。最近では台湾で英語教育熱が高いこともあり、生まれた子供に親が英語名をつけるということもあります。その人が英語ペラペラとか英語圏とのハーフとかクリスチャンとかそういうわけでもないんですよ。

この英語名というのはいわゆる戸籍に載っている正式なものではなく、自分で自由に名乗れます。昨日までEmilyだったけど今日からはAmyだ!というのもOKなんです。そして、英語名は外国人が呼びやすい(発音しやすい)名前ならいいので、英語圏の名前だけでなく日本の名前をつけている人もいます。KenjiくんやAyaちゃんもたまにいます。

ビビアン・スーもVivianという英語名なんですよね。中華圏のタレントが海外で仕事をするときには、英語名にするか中国語名のままにするかは自由です。リン・チーリンやチェン・ボーリンのように中国語名のままの人もいます。外国人が発音しやすい場合は中国語名のままという場合もあります。

そして今回の台湾コカ・コーラネームボトルには中国語名の下の名前がありません。なぜないのかはわかりませんが、日本人同様英語のほうがカッコいいと思っているのかもしれません。

台湾全土のスーパー・コンビニにて発売されていますが、ひとつのお店に全種類あるわけではないので、欲しいネームボトルがある人は何軒か廻ってみてください。

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています