この記事をシェアする

もうすぐ1台湾元=4円に?つまり790円の一蘭のラーメンが200元ってこと! 台湾人「でも日本からの輸入品は値下げされないんだろ?」

この記事をシェアする

もうすぐ1台湾元=4円に?つまり790円の一蘭のラーメンが200元ってこと! 台湾人「でも日本からの輸入品は値下げされないんだろ?」

円安が止まりません!

2015年5月21日付で1円=0.254台湾元、1台湾元=3.937円、この17年間で最も円安となっています。

私が台湾に住んでいた頃は、かなりの円高だったのに・・・。

台湾に住んでいる日本人は大変ですね。



歴史的瞬間を見逃すな!

簡単に説明すると、2010年9月に1台湾元=2.6円という史上最も円高だったとき、790円の一蘭のラーメンが304台湾元だったのが、いま200台湾元で食べられるんです。

お金の心配なく替え玉だってできちゃいます。

台湾銀行の担当者は、「1台湾元=4円になる重要な瞬間を見逃さないように、ずっとパソコンに張り付いている」そうですよ。

今の若い哈日族(日本が大好きな人のこと)は、1台湾元=4円という時を経験したことがないので、とても期待しているようです。

台湾人の反応

「でも、どうせ日本からの輸入品は値段下がらないんだろ?」

「25年程前は、1台湾元=5円くらいだった」

「つまり今すぐ日本に行けってこと?」

「ROYCEチョコレートも白い恋人も、もっとたくさん買えるね!」

「日本の不動産買いたい奴は、もう少し待ったほうがいいいな」

「どんだけ円安でも、日本旅行なんて高すぎて行けない」

まとめ

台湾、特に台北は、不動産分譲価格が東京より高いので、投資物件として東京に家を買うお金持ちの台湾人が多いんですよ。

今後ますます、日本で不動産を購入する台湾人や、訪日台湾人が増えるかもしれませんね。

また、円安なので海外旅行を控えている方、たぶんこのまましばらくは円安なので、今のうちに行っておいたほうがいいと思います。

「海外旅行に行きたいと思った時が行き時」ですよ。

参照元:日圓貶台幣升 快要1比4

おすすめ記事
【おすすめ記事】
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!