この記事をシェアする

台湾でも2016年から労働者週休二日制に!責任制も改善される?

この記事をシェアする

台湾でも2016年から労働者週休二日制に!責任制も改善される?

台湾の立法院にて「労働基準法」の修正案が通過。

法定労働時間が、現行の「2週間84時間労働まで」から、「1週間40時間労働まで」に改正されます。

「1週間40時間労働まで」は、2016年1月1日から施行されます。

この改正に対する、台湾の様々な反応をまとめました。


遅すぎる改正

台湾労働部は、340万人の被雇用者が、この改正の恩恵を受けるだろうとしています。

台湾では、2001年から「公務員は週休二日制」だったため、労働者団体は「遅すぎる法改正」だとしています。

そして、企業側は「企業の競争力の低下が懸念される」としています。

ヨーロッパ、アメリカ、日本、韓国、そして中国でさえも、1週間40時間労働までと定められています。

この法改正が「台湾の労働者が、過労から抜け出す第一歩」となればいいですね。

責任制とは?

台湾の会社では、「責任制」という制度がとられていることが多いです。

責任制とは、残業代の支払い義務逃れのため、「出勤はタイムカード制、退勤は仕事が終わり次第」という勤務形態。

つまり、「その日に与えられた仕事が終われば、既定の退勤時間前に帰ってもいいが、仕事が終わらなければ帰れない」というもの。

そして、仕事が終わらず、残業している分は、サービス残業なのです。

責任制が適用できるのは、サービス業のオーナー、システムエンジニア、厨房スタッフなど、労働基準法に定められている13職種のみとされています。

しかし、実際には、他の職種にも濫用されています。

法改正によって、この責任制も改善されるのでは?との見方もあります。

このニュースを見た台湾人の反応

「週休二日ってなに?」

「週休二日になったら給料減るんじゃ?」

「給与基準上げてくれ。俺たちが欲しいのは休みじゃなくてお金」

「公務員は休みが多くて給料もいっぱいあっていいね!」

「これこそ詐欺集団だ」

まとめ

休みは日曜日だけ、という企業も多い台湾。

実態がどうなるかは別として、「法律で定められている」ということが重要ですね。

日本で、法律上、「1週間40時間労働」が完全実施されたのは、1997年。

台北は日本よりも物価がかなり高いのですが、台湾の労働環境面や社会福祉面は、日本よりも20年くらい遅れているのかもしれません。

参照元:340萬勞工 明年起周休2日 他

おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!