この記事をシェア!

原付5人乗りハケーン!台湾人「せめて子供にヘルメット被せてあげて!」

この記事をシェア!

原付5人乗りハケーン!台湾人「せめて子供にヘルメット被せてあげて!」

台湾に行って、原付の多さにビックリした人も多いのではないでしょうか。

実は、台湾では、車や自転車よりも、原付所有率が高いんです。

年中気温が高いため、自転車には乗っていられない、そのため自転車も通れるような平坦な道は整備されていない、国土が狭く車の駐車スペースを確保することが難しい、などの理由から、原付移動が主流なんです。

今回、台湾で5人も乗っている原付が発見されたので、紹介します。

スポンサーリンク

2人乗りはOKの台湾

原付の多さにビックリするとともに、「みんな2人乗りしてる・・・?」と思った方も多いと思います。

台湾では、原付の2人乗りは、法律で許可されています。

3人以上乗っていると違法。

でも、3人以上乗っている原付をよく見かけますね。

今回発見されたのは、台湾南部の高雄で、両親+子供3人の5人乗りをしている原付。

しかも子供3人はヘルメットなし。

台湾ネット民が、Facebookページにアップし、話題になっています。

台湾の反応

「車を買えないから、こうするしかないんだよ」

「もしお金があったら、子供を炎天下にさらし、こんな危険な目にあわせなくて済むのに」

「せめて子供にヘルメット被せてあげて!」

「母親がもう一台原付を運転すればいいのに」

「俺も昔5人乗りしてたよ」

「5人乗っても動く、この原付の馬力がすごい」

まとめ

もし警察に捕まれば、人数超過とヘルメットなしで、罰金800元ほどかかるとか。

バス代も節約しようとしてるのに、捕まって罰金を払うと、本末転倒のような気がしますが・・・。

セレブの方は、「車を買えばいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、台湾の物価は高く、車の値段やガソリン代、駐車場代も日本より高いので、なかなか車を買う事も難しいんです。

「じゃあ自転車に乗ればいいのに」と思うかもしれませんが、地元台湾の人は、もともと自転車に乗る習慣がないため、自転車に乗れないという人もたくさんいます。

日本だと、小学校に入る前までに、子供に自転車の乗り方を教えたりしますが、もともとそういった考えもないのです。

また、自転車で車道を走っていても、すぐ横を車が高速で走り去っていくので危険、ということもあります。

近年は、台湾でレンタサイクルが成功していますが、あれは観光客向けなんですよね。

地元の人は、まだまだ原付移動が多いんです。

参照元:機車5貼小孩還站著 網友嘆:沒車也只能這樣

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています