この記事をシェア!

黄金ルートで巡る十三層遺址と陰陽海 アニメに出てきそうな神秘的な雰囲気が好きな方にぴったり

この記事をシェア!

十三層遺址

台北市内と郊外の観光には飽きた!どこか別のところに行ってみたい!と思っている方にぜひ行って頂きたい、「金瓜石神社→黄金博物館→金水公路→黄金瀑布→十三層遺址陰陽海」の、まさに黄金ルート。九份から少し離れた金瓜石から海に向かって下っていくルートです。

スポンサーリンク

十三層遺址について

十三層遺址は1933年に日本人によって建てられた製錬所です。その後台灣金屬礦業という会社に引き継がれ、最盛期には工員が7000人ほどいたそうですが、1985年に製錬所は閉鎖され、廃墟となってしまいました。

昔は段々に13層あったのだそうですが、今は最上部のみ原型を留めています。現在ではその神秘的な姿から、台湾の歌手のMV撮影に使われることもあるそうです。

十三層遺址には展望台があり、そこに登ると陰陽海がきれいに見えますよ。

  • 十三層遺址

    写真/山影狐蹤

  • 十三層遺址

    こちらは煙道です/山影狐蹤

陰陽海について

陰陽海は正式名称を「濂洞湾」といい、金水海岸や黄金海岸とも呼ばれています。

黄金瀑布をはじめこの金瓜石山區に流れる水には重金属(ヒ素)が含まれており、それが海に流れ出て半分は茶色に、半分は海の青のままであることから、陰陽海と呼ばれています。

見た目は黄褐色ですが、そのわずか3m下は青い海なんですよ。ちなみに十三層遺址の排水による海洋汚染ではありません。

  • 陰陽海

    写真/alice

  • 陰陽海

    夜景もきれい!/falconkimo

九份やこの黄金ルートはアニメに出てきそうな神秘的で美しい場所が多く、地元台湾人のファンも多い場所です。陰陽海からの夕陽や夜景もとっても素敵なので、デートの新定番スポットになるかもしれませんね。

十三層遺址と陰陽海を空中撮影した映像を見つけましたので、ぜひご覧ください。

≪黄金ルートへのアクセス≫

台湾鉄道瑞芳駅から金瓜石(黄金博物館)行きのバスに乗る(825番のバスなど)。金瓜石神社は黄金博物館内から行けます。

そして、黄金博物館から826番のバスで金水公路→黄金瀑布と行き、また826番のバスに乗り水湳洞というバス停で降りれば十三層遺址と陰陽海があります。

 陰陽海  
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!