この記事をシェア!

マンゴーまるごとどーん!と乗ったかき氷~西門町芒菓冰~

この記事をシェア!

西門町芒菓冰

台湾のマンゴーかき氷は、そのほとんどはアップルマンゴー(愛文芒果)が使用されています。でもここ西門町芒菓冰は違います。

2013年4月にオープンしたこちらのお店では、アップルマンゴーとは品種の違う「土マンゴー」をまるごと1個乗せたマンゴーかき氷を提供しています。

みかんにいろいろな種類があるように、マンゴーにもいろいろな種類があるんですよね。土マンゴーは主に台湾南部で生産され、旬は4月~6月。果肉は薄く、繊維が荒く、アップルマンゴーを食べ慣れた人にとっては物足りないかもしれません。

土マンゴーの特徴は香りが強く甘いこと。台湾人にはアップルマンゴーより土マンゴーのほうが好きという人もいます。

なぜ土マンゴーを使おうと思ったのか。それは雲林県出身のオーナーが、南部の農民が売れるアップルマンゴーしか栽培せず土マンゴーの樹を処分しようとしていたのを見て、台湾から土マンゴーが消えないようにと思ったからでした。

西門町芒菓冰

写真/octave1218

意難忘 200元

こちらが土マンゴーをまるごと1個乗せたかき氷。4月~6月限定商品です。

土マンゴーはこちらの意難忘の上に乗っているものだけで、切られた果肉や他のマンゴーかき氷に使われているのはアップルマンゴー。冰讚と同じ農家からアップルマンゴーを仕入れているとか。

マンゴーは注文を受けてから切りわけています。冷凍ものは使っていません。

お店の2階にはテラス席がありますので、テラスでゆっくりするのもいいでしょう。

  • 西門町芒菓冰

    写真/西門町芒菓冰

  • 西門町芒菓冰

    店内も清潔/桶子葉

西門町芒菓冰

マンゴーかき氷の他にもたくさんのかき氷があります/西門町芒菓冰

意難忘は6月までしか食べられませんので、お早目に!台湾には本当にたくさんのマンゴーかき氷店がありますので、自分のお気に入りのお店を見つけてみてください。

西門町芒菓冰:台北市萬華區漢中街17號 MRT西門駅6番出口から徒歩4分 TEL:(02)2388-8511 営業時間:10:00~23:00

台北市萬華區漢中街17號    
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています