この記事をシェア!

暑いけどアツアツの肉まんと四神スープを食べてみよう~妙口四神湯肉包專賣店~

この記事をシェア!

妙口四神湯肉包專賣店

迪化街にある妙口四神湯肉包專賣店は、四神湯というスープと肉まんのお店。日本で肉まんというと冬に食べるイメージですが、台湾はじめ中華圏では冷たい食事を食べる習慣があまりないため、アツアツの肉まんが一年中食されています。

彰化銀行の看板の下にお店があります。後ろの机に積み上げられた肉まんの袋の多さが、人気店だということを物語っています。

  • 妙口四神湯肉包專賣店

    写真/Paine

  • 妙口四神湯肉包專賣店

    写真/Paine

妙口四神湯肉包專賣店

写真/Paine

肉まん(肉包) 1つ20元 

肉まんは「買十送一」で10個買うと1個おまけ。11個で200元(約790円)、なんて安いんでしょう。

25個買うと450元。地元の人は30~40個まとめて買っている人も多いみたいです。

肉まんの餡はたっぷり。餡は豚肉とたまねぎで、黒コショウが効いてピリリと辛いお味。ちょっと甘くしたいときは店頭に甘いソースがあるのでかけてみましょう。

妙口四神湯肉包專賣店

写真/Paine

四神湯 1皿60元

四神湯とは、薬膳四種類+豚の腸を入れたスープのこと。

主にハスの実、ハトムギ、山薬、オニバスというスイレンの一種の植物の実を使っており、この四種を漢方では「四臣子」といい、発音が台湾語の「四神」と一緒だったため四神湯と呼ばれています。

中華圏では食事の際にはスープも一緒に、というのが主流なので、夜市の屋台でも四神湯という表記をみかけます。気軽に薬膳スープを飲みたい方におすすめです。

営業時間が昼12時~午後7時までと短いのでお気をつけください。食事として食べるもよし、歩き疲れてちょっと小腹がすいたときに食べるもよし。台湾の肉まん、ぜひ味わってみてください。

妙口四神湯肉包專賣店:台北市大同區民生西路386號 MRT大頭橋駅徒歩10分 営業時間:12:00~19:00 定休日:月曜日

台北市大同區民生西路386號   
スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています