この記事をシェアする

台北駅近くの「Oldies Burger」で本格アメリカンハンバーガーを頂きました

この記事をシェアする

台北駅近くの「Oldies Burger」で本格アメリカンハンバーガーを頂きました

アメリカ式ハンバーガーを食べられるお店が、台北駅の近くにあります。

そのお店とは、「Oldies Burger 新美式文化料理」。

本格アメリカンハンバーガーですが、量はちょうどよく、女性でも一人分を一人で食べられます。

11月末に訪問しましたが、ハロウィン装飾がアメリカの楽しい雰囲気を演出していました。

12月からは、クリスマス仕様になるそうです。


Oldies Burgerへのアクセス

台北MRT台北駅Y1出口から、徒歩3分。

バスターミナル京站の裏、華陰街沿いです。

中山駅1番出口からも、徒歩5分ほどで行けます。

Oldies Burgerに行ってみた

外観&内装

Oldies Burger 新美式文化料理 外観

Oldies Burger 新美式文化料理 ハロウィン仕様

Oldies Burger 新美式文化料理 アメリカンな内装

Oldies Burger 新美式文化料理 アメリカンな絵

強面だけど、気さくな店長さん

目に付いた入り口のステッカー、手に取ったら、Oldies Burgerの店長さんでした!

Oldies Burger 新美式文化料理 ステッカー

Oldies Burger 新美式文化料理 顔がハンバーガーで挟まれてるよ

Oldies Burger 新美式文化料理 強面店長

気さくな店長さんにお話を聞いたところ、彼はもともとはタトゥーモデルで、世界的に有名な彫り師と一緒に海外に渡ったそうです。

そこでアメリカローカルの美味しいハンバーガーに出会い、食べることが好きな店長さんは、それを台湾でも提供したいという思いから、帰国後にこちらのお店をオープンしたそうです。

お店は6年目になるそうですが、外国人のお客様のファンも多くいらっしゃいました。

メニュー

とても豊富なメニュー。

今回は店長オススメのメニューを頂きました。

ハンバーガー

有機卵の目玉焼きが乗った「田納西燒烤」。

卵がツヤツヤでインスタ映え!

黄身がとろけ出て、燻製ベーコンも香りが良くとっても美味しいです。

Oldies Burger 新美式文化料理 田納西燒烤

田納西燒烤

お店オリジナルの翡翠辣椒(青唐辛子のピクルス)が、1本丸ごと挟まった、インパクトのある見た目の「瑪雅日出」。

こちらは辛いものが好きな方にオススメ!

中のお肉も新鮮で美味しいです。

Oldies Burger 新美式文化料理 瑪雅日出

瑪雅日出

瑪雅日出を切ったところ。

店長の食べやすさにこだわっているパン、本当に柔らかくて美味しいです。

Oldies Burger 新美式文化料理 瑪雅日出 お肉たっぷり

サイズも大きすぎず、女性でもひとつを食べ切れます。

台湾のお店は量が多すぎるお店が多いので、オススメしたいポイントです。

サイドディッシュ

ハンバーガーのサイドディッシュの定番、ポテトを頂きました。

チーズとお肉と玉ねぎという最高の組み合わせ、そしてBBQソースがかかったポテトは、まさにやみつきに。

ビールとの相性も良さそうです。

Oldies Burger 新美式文化料理 ポテト

ドリンク

ルートビアを使用したクリームソーダ「漂浮麥根沙士」。

A&Wルートビアの湿布味が苦手な方でも、バニラアイスで少しまろやかに。

Oldies Burger 新美式文化料理 漂浮麥根沙士

漂浮麥根沙士

とうもろこしとシナモンのミルクセーキ「老墨肉桂玉米奶昔」。

変わった組み合わせですが、本場アメリカンの味?!

甘くて美味しいです。

Oldies Burger 新美式文化料理 老墨肉桂玉米奶昔

老墨肉桂玉米奶昔

デザート

有機卵を使用した外サク中フワのパンケーキ。

中には、台湾のフルーツがたくさん入っています。

Oldies Burger 新美式文化料理 パンケーキ

フルーツの甘さを利用しているので、甘さ控えめで上品!

とても美味しい〜!

まとめ

台湾で食べられる、本格アメリカンハンバーガー。

台北駅近くでアクセスも良いので、観光のついでに、ぜひお立ち寄りください。

店名:Oldies Burger 新美式文化料理

住所:台北市大同區華陰街57號1F

Tel :(02)25526222

営業時間:12:00-15:00 17:00-22:00(年中無休)

台北市大同區華陰街57號1F
おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!