台北市のYouBike、30分無料を止めたら利用者激減 前日比22%減

Youbike 台湾 自転車シェアリング

主に台北市と新北市が行っている自転車シェアリングYouBike。台湾在住者だけでなく、観光客で使用できるレンタサイクルです。今までは使用時間最初の30分間無料でしたが、2015年4月1日より台北市では無料が廃止され最初の30分間5元が必要となりました。

台北市交通局の統計によると、昨日4月1日の午前6時~午後6時の間のYouBike使用回数は4万637回、3月31日は5万2137回だったので、使用回数22%減だったそうです。

ちなみに新北市のYouBikeは今まで通り最初の30分間無料、そして4月1日の使用回数は3月31日と比べてほとんど減っていなかったそうです。

Youbike 台湾 自転車シェアリング

写真/Youbike

YouBikeの最初の30分間無料というのは2012年に始まりました。無料にしている分の使用料は、市政府が負担しジャイアント(YouBikeの自転車を提供している台湾の世界的自転車メーカー)に支払っていました。昨年は1.2億元もジャイアントに支払われたそうなので、税金で負担するか利用者が負担するかどちらがいいのかという話ですね。

台北市長は「しばらく値上げはしないが、今後民意を汲んで調整する」と言っています。ある調査では、最初の30分の利用料について、50%の人が10元に賛成、25%の人が5元に賛成、25%の人が無料に賛成という結果もでているため、しばらくは5元にして75%の民意を汲むだろうとしています。

YouBikeは「属地主義」を採用しており、台北市で借りた自転車を新北市で返却すると台北市の料金計算となるため最初の30分間5元が必要、新北市で借りた自転車を台北市で返却すると新北市の料金計算となるため最初の30分間無料です。30分超えたあとは台北市と新北市、両市とも価格の計算方法は同じで、4時間まで30分ごと10元、4時間以上~8時間まで30分ごと20元、8時間以上30分ごと40元です。

Youbike 台湾 自転車シェアリング

写真/Youbike

「台湾でYouBikeが成功したのは、最初の30分間無料だったから」という意見もあります。

台北市・新北市でYouBikeをレンタル・返却できる自転車ステーションは地下鉄の駅、台湾鉄道の駅、大きな商業施設、公園、病院などさまざまな場所に160か所以上あり、台北市は本当にとても狭いので自転車で30分も走ればいろいろな場所に行けますし、その間の自転車ステーションで一度返却できるんですよね。

もともと自転車に乗る習慣があまりない台湾で、自転車シェアリングYouBikeが今後どうなるのか注目です。

参照元:YouBike取消免費首日 使用降2成2

スポンサーリンク

フォローする

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!