この記事をシェア!

台湾の格安航空タイガーエア台湾×頂呱呱の機内食が高すぎ!市価より150元も高い!

この記事をシェア!

台湾の格安航空タイガーエア台湾×頂呱呱の機内食が高すぎ!市価より150元も高い!

本日2015年4月2日に、成田―桃園間を就航する、台湾の格安航空タイガーエア台湾(tigerair)

タイガーエア台湾が、台湾の有名ファストフードチェーン店「頂呱呱」とコラボした有料機内食を発表しました。

しかし、「値段が高すぎる」として物議を醸しています。

スポンサーリンク

タイガーエア台湾の機内食が高すぎィ!

まずはこちらをご覧ください。

タイガーエア台湾 この機内食は、「鶏のからあげ3つ+フライドポテト10本+25元の缶ジュース1本」のセットで、販売価格290元。

写真/nownews

この機内食は、「鶏のからあげ3つ+フライドポテト10本+25元の缶ジュース1本」のセットで、販売価格290元。

台湾国内の頂呱呱の店舗では、同程度のセットメニューを130元~140元ほどで販売しています。

この内容量で290元だと、結構割高ですね。

その他にも、

  • 魯肉排骨飯 250元
  • 金瓜米粉 250元
  • 鹽酥雞餐 250元
  • 大腸包小腸 210元

などが、有料機内食として用意されているそうです。

台湾人の反応

「お店のと、ほとんど一緒なのに」

「内容量少なすぎ」

「格安航空でチケット代は安いけど、有料機内食が高すぎると意味ないわね」

台湾人の反応  「お店のと、ほとんど一緒なのに」  「内容量少なすぎ」  「格安航空でチケット代は安いけど、有料機内食が高すぎると意味ないわね」

有料機内食メニュー/nownews

まとめ

総じて値段が高い・・・。

ただ、チケット代を安く提供しているLCCが、どこで儲けているかというと、機内食を有料にしたり、預け荷物を有料にしたり、そういったところで儲けているんですよね。

ですから、機内食の値段が高いのも、仕方がないのかもしれません。

参照元:「重口味」為吸客 廉航、速食店跨界合作 他

スポンサーリンク

この記事をシェア!

台湾ZINEのSNSをフォロー!SNS独自情報もあるよ!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
こちらの記事も読まれています