この記事をシェアする

台北の黒いたい焼きパフェ店「Fish Bay」に行ってみた

この記事をシェアする

台北の黒いたい焼きパフェ店「Fish Bay」に行ってみた

台北地下鉄中山駅5番出口から徒歩3分という好立地にある、たい焼きパフェ店「Fish Bay」

台北のたい焼きパフェは、たい焼きが黒いのが特徴。

黒いたい焼きパフェは、日本にはなかなか無いですね。

台北でぜひ食べてみてください。


Fish Bay

外観

スタイリッシュでシンプルな内装。

インスタ女子たちや、若いカップルのお客さんが続々と入ってきました。

Fish Bay 外観

メニュー

価格
  • たい焼きカップ 110元
  • 通常のコーン 80元

両方とも、好きなトッピング1つ込み。

ソフトクリームの味
  • ピンク→ざくろ味
  • 水色→ミルク味
  • 紫色→ウベ味(フィリピン産の芋の一種)
  • ブラック→チョコレート味

ざくろもウベも、美容にとても良い食品。

見た目と味と身体のことも考えて選ばれた味です。

二色MIX

一色のみでも可能ですが、二色MIXは、機械の関係から下記の組み合わせとなります。

  • 彩虹小馬 Rainbow Pony (ピンク×水色)
  • 膽小夠 Cowardly Dog  (紫×ブラック)

名前が難しいので、写真を見せてオーダーしました(笑)

オーダー後に焼くたい焼き

まずは下の鯛焼きカップ部分。オーダー後、その場で焼いてくれます。

なんと、ちゃんと下の部分に餡子が入っているんです!

「焼き上がりの鯛が立ってる!」と思わず写真撮りました。

Fish Bay たい焼き焼いてるところ

実はこの鯛焼き、オーナーのお母様が、長年たい焼き屋台を営んでいたそうで、その技術を継承しているのです。

見た目だけでなく、味やアイスが入った後やわらかくなりすぎないようになど、研究を重ねて出来た、すごいカップなんです。

現在、カップを白色にもできないか研究しているところだそうです。

そして、好きなトッピングを選んで・・・

Fish Bay トッピング

完成

可愛い!

Fish Bay 黒いたい焼き

Fish Bay 黒×紫ソフトクリーム

Fish Bay インスタ映え抜群のたい焼きソフト

まとめ

鯛焼きカップもとても美味しく、大満足のソフトクリーム。

材料や季節により、味が変わることもあるそうです。

まだまだ暑い日が続く台湾、ぜひ立ち寄ってみてください。

店名:Fish Bay

住所:台北市大同區承德路二段1巷11號

営業時間:13:00-21:00(月〜土)、13:00-20:00(日)

台北市大同區承德路二段1巷11號
おすすめ記事
【おすすめ記事】

スポンサーリンク


この記事をシェアする

SNSでは他にも様々な情報を発信中!フォローしてチェックしよう!

Instagram

この記事をお届けした
台湾ZINEの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!