この記事をシェアする

台湾のレシートは偽造防止のために〇〇している!レシートの秘密3選!

この記事をシェアする

台湾のレシートは偽造防止のために〇〇している!レシートの秘密3選!

「台湾のレシートが宝くじになっている」というのは、すでに有名な話ですよね。

政府「売り上げをごまかして脱税される事を防ぐために、店舗にレシートで記録を残させよう。消費者がレシートを欲しがる仕組みを作ればいい」

政府「店舗が宝くじ付のレシートを発行すればいいのでは?」

消費者「宝くじ付でしょ?レシートちょうだい」

店舗「ぐぬぬ・・・レシートを発行せざるを得ないアル」

という事で始まったんですよね。

2カ月に1度、奇数月の25日に、宝くじの当選番号が発表されます。

最高当選金額は、1,000万元(約3750万円)。

今回、台湾のレシートにまつわる秘密を見つけたので紹介します。


台湾のレシートの秘密3選

1.テーマ曲がある

1951年、台湾政府がレシート宝くじの仕組みを始めました。

その時に作られた、宣伝歌があるんです。

統一發票歌 趙偉令編曲版

「小さな世界」の替え歌バージョンもあるようです。

1951年の税収は5100万元で、前年比75%増だったそうです。

レシートに宝くじを付けただけで、税収アップ!

日本も、消費税増税よりも、店舗から消費税を確実に貰う方法を考えた方がいいんじゃないですかねぇ。

2.離島の店舗は消費税無し

台湾の離島、澎湖・金門・馬祖・綠島・蘭嶼・琉球では、消費税が無いそうです。

つまり、消費者は消費税無しの金額で購入できます。

2002年に制定された『離島建設條例』という離島政策で、優遇されているそうです。

3.偽造防止のため、毎回、字の一部が欠けている

QRコードが付いていない、昔ながらの長いレシートの場合、

上側にある「中華民國○○○年〇〇月份收銀機統一發票」の部分に、偽造防止措置が施されています。

例えば、字の「はね」の部分が無かったり、「点」の部分が無かったりします。

統一發票 「銀」の字の「はね」がありません

この回のレシートは、「銀」の字の「はね」がありません

毎回、どの字の部分が欠けているのかをチェックしてみるのも面白いかも。

まとめ

なかなか当たらない台湾のレシート宝くじ。

それでも10元の買い物で最高当選金額が当たる可能性もあるのですから、夢がありますね。

参照元:統一發票不但有宣傳歌、政府還在上面動過手腳!揭發票3大秘密,包你看了直呼:太扯了

台湾のコンビニにあるレシート入れは「ごみ箱」ではなく「募金箱」です
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】


各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!