この記事をシェアする

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕)で目を背けてはいけない歴史を見学

この記事をシェアする


高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕)で目を背けてはいけない歴史を見学
タイガーエア台湾さんからご招待頂き、高雄メディアツアーに参加してきました。
タイガーエア台湾には、成田―高雄直行便があります。

高雄メディアツアーで、高雄の防空壕(軍事遺址-鼓山洞)を見学してきました。

この防空壕は、

  • 第二次世界大戦当時は、防空壕として
  • 南下政策の軍事要塞として
  • 戦後は、蒋介石率いる国民党政府に接収され、白色テロ時代の尋問・拷問施設として

使用されていました。

見学料はなんと50元(約180円)。

ここまで見応えのある遺跡なのに、50元とは安すぎます。

歴史好きな方は、ぜひ一度その目で見てください。


アクセス

軍事遺址-鼓山洞の見学は、事前予約が必要です。

そして、予約した日に指定の場所に集合します。

指定の場所は、高雄市政府工務局違章建築處理大隊の前です。

指定の場所へ行くには、

  1. 高雄MRT西子灣駅2番出口から、延鼓山一路を10分ほど歩く
  2. 高雄MRT鹽埕埔駅2番出口から、延五福四路を10分ほど歩く

このどちらかの方法で行けます。

鼓山洞について

  • この上には忠烈祠があり、そこに高雄神社がありました。
  • ツアーガイドの陳さんは広島へ留学していたこともあり、日本語が堪能なので、中国語が分からない方にも超お勧めのスポットです!
  • 韓國瑜市長の禿げ上がった可愛いキャラクターが・・・(笑)

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 韓國瑜市長の禿げ上がった可愛いキャラクター

鼓山洞を見学

超大型防空壕

当時、この防空壕は秘密裏に掘られました。

  • 当時の工事を目撃した人
  • 日本統治時代終了~国民党政府接収までの短い期間に、ここへ入って遊んだ当時の子供達

を除いて、近隣住民さえもその存在を知りませんでした。

防空壕として使用されていた当時から、なんと冷房を完備しており、当時としては非常に大型、かつ重要度の高い防空壕であったことが伺えます。

最低収容人数も800名と、その規模の大きさが伺えます。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 今も立派な姿を残すトーチカ

今も立派な姿を残すトーチカ

防空壕として造られましたが、高雄政府の「南区警備総部」によって接収された後、白色テロの元、思想犯・政治犯の尋問や拷問に使用されたそうです。

発泡スチロールで防音対策

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 入口からの一枚

入口からの一枚

写真右手に見えるのは国民党時代に造られたトイレとシャワールームだそう。

しかし、シャワーは当時から出ない仕様だったそうで、本当は何の目的で造られたのか、未だ調査中。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 謎のトイレとシャワールーム

謎のトイレとシャワールーム

そして、この通路の壁を覆う白いものは、全て発泡スチロール。

国民党政府接収後に、なんと尋問&拷問時に大きな声をあげても外に音が漏れないよう、防音の為に貼られたものです。

どのくらいの防音効果があったかを試すために、発泡スチロールが貼られている所と、一部発砲スチロールが剥がれて無くなっている所とで声を出して比較すると、その効果は歴然・・・。

今でも真っ白な発砲スチロールに、言いようのない恐怖を覚えます。

忘れ物の恐怖

奥に進むと、尋問に使われた部屋があり、警棒やら手錠やら、物騒な物が机の上に無造作に置かれていました。

これらは当時の利用者の「忘れ物」だそうで、そのまま拾い集めて陳列しているそうです。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 利用者の「忘れ物」

利用者の「忘れ物」

その中にガーゼのような物がありますが、なんとこれを広げると、簡易の防毒マスク・・・。

どの時代に何の為に用意されたものなのか、色々想像してしまいます。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 防毒マスク

防毒マスク

鍾乳石の階段

そこから更にトンネルを進むと、出口に繋がると思われる上り階段が現れました。

実はこれ、世界でもここだけの、非常に珍しい階段で、なんと長い年月を経て、鍾乳石で覆われてしまったそうです。

正直、これを見る為だけでも、ここに来る価値あり。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 鍾乳石で覆われた階段

鍾乳石で覆われた階段

防空壕時代の名残

また、途中の通路には防空壕時代のポスターなども飾られており、日本語のものある為、日本人にとっては感慨深いものがあります。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 「この都市が米空軍の次の攻撃目標です」

「この都市が米空軍の次の攻撃目標です」

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 高雄が空爆された際の航空写真。本当に恐ろしいですね・・・。

高雄が空爆された際の航空写真。本当に恐ろしいですね・・・。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 防空壕として使用されていた頃のままのベンチ。座らないで下さい。壊れます。

防空壕として使用されていた頃のままのベンチ。座らないで下さい。壊れます。

秘密の入口

出入口は全部で6箇所あるそうですが、その中でも絶対に見ておくべき出入口があります。

現在は「出入口」というか「入口」で、これを見るためには、一度防空壕の外に出ます。

中と繋がっているはずなのに…。

外へ出て、道路の途中に突如として出現する、廃屋のものと見られる緑のドア。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) ここを開けると、なんとそこからこの防空壕に再度下りられます。

ここを開けると、なんとそこからこの防空壕に再度下りられます。

こんな所に!?という驚きに次いで、中に入ると、なんとそこには先ほどの鍾乳石の階段が!

ここに繋がってたのね。

なるほど、さすがに鍾乳石の階段は使用できないので、外から入り直す必要があったわけです。

高雄軍事遺址(鼓山洞防空壕) 鍾乳石の階段に繋がっていました

鍾乳石の階段に繋がっていました

見学の際の注意点

  • 地面が濡れている箇所が有るので、靴や服は多少濡れても良いものを。
  • また、蚊が多いので、暑くてもロングパンツ着用をお勧めします。
  • 案内途中でツアーガイドの方が防空壕の電気を消してくれます。暗所恐怖症の方は死にかけるので、事前に電気を消さないよう嘆願してください。

まとめ

2018年11月に公開されたばかりで、まだ観光客は少ないようですが、このクオリティと価格だと、たちまち人気が出そうです。

行くならどうぞお早めに。

場所:高雄軍事遺址(鼓山防空壕)

見学可能時間:木曜日から日曜日の10時〜15時

見学費用:50元(安すぎる)

予約ページ:https://www.beclass.com/rid=224147b5ca02b5ee36f7?fbclid=IwAR0XKYRPcEP7YhBjOs90jsaKAiyzDMJyz0BfeZW0WZzX6LJdT0v7-fhWhUI

※ただし、日本人にとっては、事前振込など予約のハードルが高いので、以下のFBページにて日本語で問合せを行うのをお勧めします。

※少人数の場合、当日現地でお願いすれば、そのときの見学人数によっては許可を頂ける可能性も高いそうです。

FBページ:https://www.facebook.com/GushanCaveGuide/

鼓山亭茶亭旧址
スポンサーリンク

この記事をシェアする

SNSのFollow↓↓

おすすめ記事
【おすすめ記事】




各SNSアプリのQRコードスキャナ機能で読み込んで、台湾ZINE(@funtaiwanzine)をフォロー!